イオンモバイルの評判|デメリットを調査しておすすめな人の特徴を解説

  • 2024年2月22日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
イオンモバイルの評判|デメリットを調査しておすすめな人の特徴を解説

イオンリテール株式会社が提供するイオンモバイルは、1GB単位の細かな容量から選べる豊富なプランが魅力の格安SIMです。

大手企業が手掛ける格安SIMですが、ネット上では悪い評判や口コミも目にします。

本記事ではイオンモバイルの評判を調査して、メリットとデメリットをはっきり

結論どんな人におすすめなのか正直にまとめているので、イオンモバイルを検討している人は参考にしてみてください。

イオンモバイルのデメリット・メリット
  • 通信速度が遅くなる時間帯がある
  • 格安SIMの中では通信速度が遅め
  • 各データ容量で見ると料金が安くない
  • 端末を安く購入できない
  • 初期費用3,300円が必要
  • 月額料金が安い
  • 1GB単位でデータプランを選べる
  • 全国のイオンでサポートを受けられる
  • 家族間や複数端末間でデータ容量をシェアできる
  • 1週間お試しで利用できる

イオンモバイルの評価レビュー

評価項目評価点数
料金★★★☆☆3.9
速度★★★☆☆3.2
サービス★★★★☆4.0
総合評価★★★☆☆3.7
※評価レビューの採点基準や注意点は格安SIMの評価レビュー|基本情報一覧をご確認ください。

イオンモバイルの解約金

\お得なキャンペーン実施中!/イオンモバイル公式を見る

イオンモバイルの悪い評判・口コミを調査|デメリットまとめ

悪い評判

はじめに、イオンモバイルの悪い評判・口コミから紹介します。

実際の利用者の評判から分かるデメリットについても解説しますので、しっかり確認しておきましょう。

ぞれぞれの評判・口コミについてみていきます。

混雑時の速度が遅くなりがち

実際の利用者の中には、速度面で困っている人が多く見られました。

イオンモバイルに限らず、格安SIMは大手キャリアと比較すると通信速度が遅くなりがちです。

しかし、完全に繋がらなかったり、日常生活で使いものにならないほど遅くなったりすると、不便に感じてしまうでしょう。

実際の速度に関しては、記事後半「イオンモバイルの速度」で紹介するので、そちらもチェックしてみてください。

各データ容量で見ると料金が安くない

1GB単位で細かく容量が選べるイオンモバイルですが、各容量帯の最安で使えるというわけではありません。

イオンモバイル単体で考えるとリーズナブルで魅力的ですが、格安SIM全体で見ると、実は他サービスの方が安かったりします。

料金面を重視する人からすると、最安ではないというのはデメリットと言えるでしょう。

端末代金が高い

イオンモバイルは端末代金が高いという口コミも見られました。

格安SIMサービスの多くは、SIMサービスと合わせて端末販売を行っています。

扱っている端末は、iPhoneからAndroidまでさまざま。

サービスごとに販売価格や割引価格が大きく異なります。

イオンモバイルで販売されている端末は、割引額が少なく割高なケースが多いです。

イオンモバイルをお得に使うなら、端末を別で購入してからSIMサービスだけ契約すると良いでしょう。

初期費用3.300円が必要

イオンモバイルでは、契約時の初期費用として3,300円が必ず必要です。

もちろん他のサービスでも初期費用がかかるケースもありますが、人気のサービスは無料もしくはキャンペーンで割引となったりします。

サービス名初期費用
イオンモバイル3,300円
楽天モバイル無料
mineo3,740円+440円
(SIMカードが必要な場合)
⇒エントリコード入力で無料
ワイモバイル3,850円
⇒WEB手続きで無料

格安SIMで毎月100円でも節約したい人にとっては、初期費用の3,300円は大きな痛手と言えるでしょう。

月額料金のことを加味しても、最安のサービスを使いたい人にはおすすめできません。

イオンモバイルのデメリットまとめ

イオンモバイルの評判・口コミから、イオンモバイルには4つのデメリットがあることが分かりました。

イオンモバイルのデメリットまとめ
  • 通信速度が遅くなる時間帯がある
  • 格安SIMの中では通信速度が遅め
  • 各データ容量で見ると料金が安くない
  • 端末を安く購入できない
  • 初期費用3,300円が必要

特に大きなデメリットとして、通信速度の遅さが挙げられます。

居住地や利用環境にもよりますが、外出先で動画を見たり、ゲームをしたりする人は注意が必要です。

最安のサービスを使いたい人や端末の購入も必要な人は、イオンモバイルの以外のサービスも併せて検討してみると良いでしょう。

イオンモバイルの良い評判・口コミを調査|メリットまとめ

良い評判

続いて、イオンモバイルの良い評判・口コミから分かるメリットについてみていきましょう。

ぞれぞれの評判・口コミについてみていきます。

月額料金が安い

イオンモバイルの口コミで特に多かったのが、料金が安いという内容です。

イオンモバイルは最安サービスではありませんが、数多くある格安SIMの中でも非常に安い部類に入ります。

データ通信専用プランは月額528円から利用できるため、スマホ料金を下げたい人にはぴったりでしょう。

1GB単位でデータプランを選べる

料金の口コミと並んで多かったのが、データ容量プランの豊富さです。

イオンモバイルでは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMのどちらも、1GB単位でプランが用意されています。

その他の格安SIMでは、3GBと20GBの2つのプランしかなかったり、最低容量が10GBからだったりというケースも少なくありません。

そのため、イオンモバイルにすることでより自分に合ったプランを選べるでしょう。

全国のイオンでサポートを受けられる

イオンモバイルは、店舗で契約できるのが魅力という声も多くありました。

特に、初めて格安SIMに乗り換える人やスマホやサービスの仕組みがよく分からない人にとって、店員のサポートがあるのは大きな利点と言えます。

サービス面で不安がある人も、逐一相談しながら契約を進められるでしょう。

家族間や複数端末間でデータ容量をシェアできる

イオンモバイルで導入されている、シェアプランについての良い口コミも多く見られました。

シェアプランは、家族間や複数端末間で最大5台までデータ容量を共有できるプランのことです。

例えば、家族4人もしくはスマホ4台で8GB・20GB・40GBのプランを契約する場合、以下のように金額が変わります。

契約するプランシェアプランの料金通常プランの料金
8GB
(1人当たり2GB)
2,838円968円×4人
=3,872円
20GB
(1人当たり5GB)
3,168円1,298円×4人
=5,192円
40GB
(1人当たり10GB)
5,368円1,848円×4人
=7,392円

家族もしくは複数端末で利用するなら最安級のプランになるため、節約したい人にはぴったりでしょう。

1週間お試しで利用できる

店舗限定ではありますが、イオンモバイルは1週間のお試しサービスを実施しています。

初めて格安SIMを使う人の中には、速度面や通信の安定性に不安があったりする人も多いです。

そういった不安がある人にとって、お試しで試せるのは大きな利点と言えるでしょう。

イオンモバイルのメリットまとめ

イオンモバイルの評判・口コミから、イオンモバイルには以下のメリットがあることが分かりました。

イオンモバイルのメリットまとめ
  • 月額料金が安い
  • 1GB単位でデータプランを選べる
  • 全国のイオンでサポートを受けられる
  • 家族間や複数端末間でデータ容量をシェアできる
  • 1週間お試しで利用できる

特に好評だったのが、細かなデータ容量プランとシェアプランについてです。

3人以上の家族でキャリアを合わせている人や複数台端末を持っている人は、シェアプランを利用することで大幅な節約を見込めます。

また、店舗で契約できるため、初めての人でも相談しながら契約できる部分は大きなメリットです。

格安SIMに不安がある人も、安心して契約できそうですね。

イオンモバイルの料金

イオンモバイルの料金概要

イオンモバイルの料金については、良い口コミも悪い口コミも見られました。

どちらの意見も見られる理由は、イオンモバイルの料金の仕組みにあります。

ここでは、イオンモバイルの料金について詳しく見ていきましょう。

月額料金

イオンモバイルの料金詳細

イオンモバイルは、最小0.5GBプランから最大50GBまで豊富なプランが用意されています。

イオンモバイルの料金
月額料金容量音声
プラン
シェア
プラン
データ
プラン
0.5GB803円--
1GB858円1,188円528円
2GB968円1,298円748円
3GB1,078円1,408円858円
4GB1,188円1,518円968円
5GB1,298円1,628円1,078円
6GB1,408円1,738円1,188円
7GB1,518円1,848円1,298円
8GB1,628円1,958円1,408円
9GB1,738円2,068円1,518円
10GB1,848円2,178円1,628円
20GB1,958円2,288円1,738円
30GB3,058円3,388円2,838円
40GB4,158円4,488円3,938円
50GB5,258円5,588円5,038円
事務手数料3,300円
違約金0円
通話サービス5分かけ放題:550円
10分かけ放題:935円
無制限かけ放題:1,650円
通話料11円/30秒
イオンモバイルの料金の特徴
  • 音声プラン・シェアプラン・データプランの3種類がある
  • データ容量は0.5GBから50GBまで細かく分かれている
  • シェアプランは2人目以降、追加月額料金が発生
  • 利用期間の制限はなく違約金も無料
  • かけ放題プランは3つの時間から選べる
  • 60歳以上の人は特別なプランがある

イオンモバイルは、3つのプランごとに料金が設定されています。

ただ、シェアプランだけは特殊で、2人目以降は220円、4人目以降は440円が別途必要となるため注意が必要です。

例えば、5人でシェアプランの20GBを利用する場合、通常料金2,288円に加えて、2人目と3人目の料金440円と4人目と5人目の料金880円が追加され、3,608円が最終的な月額料金になります。

複数人でシェアする場合は、しっかり料金を確認しておきましょう。

なお、60歳以上の人には以下のような専用プランも用意されています。

月額料金音声
プラン
シェア
プラン
データ
プラン
データ容量0.2GB748円--
3GB858円1,188円638円
6GB1,188円1,518円968円
8GB1,408円1,738円1,188円
通話サービス5分かけ放題:550円
10分かけ放題:935円
無制限かけ放題:1,210円

60歳上の人は月額料金が安くなっているだけでなく、無制限のかけ放題も割引されています。

契約者が60歳以上という条件を満たせる人は、検討してみると良いでしょう。

ちなみに、イオンモバイルの料金で賛否が分かれる理由は、通常プランとシェアプランでお得度が大きく異なるためです。

シェアプランを使っている人は安いと思う傾向がある一方で、通常プラン契約者は他にも安いサービスが多くあると判断しているのでしょう。

セット割・家族割

スマホと光回線のセット割

イオンモバイルには光回線や電話、電気などのセット割はありません。

実は、格安SIMではセット割が無いサービスも多いです。

ただその分、月額料金が安く設定されているため、セット割が無いことに不安を覚える必要はありません。

一方で、家族割にあたるシェアプランは用意されています。

家族全員でイオンモバイルに切り替えるという人は、家族それぞれの使用量を把握して、お得なシェアプランの利用も検討してみましょう。

必須キャンペーン

イオンモバイルの春得キャンペーン

イオンモバイルでは、WAONポイントを絡めたキャンペーンや紹介キャンペーンを実施しています。

イオンモバイルのキャンペーン一覧
  • 春得キャンペーン(期間:~2024年3月31日)
  • 【店舗限定】エントリーパッケージご契約特典(期間:~終了日未定)
  • イオンモバイル紹介トク(期間:~終了日未定)
  • イオンスマホ→イオンモバイル乗り換えキャンペーン(期間:~終了日未定)

メインと言える「春得キャンペーン」では、端末購入したうえでイオンモバイルを契約することで最大10,000WAONポイントが貰えます。

端末購入なしでも最大5,000WAONポイント貰えるため、申し込み前に確認しておきましょう。

また、イオンモバイルを知り合いに紹介することで、紹介した人に3,000WAONポイント、紹介された人に1,000WAONポイントが配布されるキャンペーンも実施中です。

毎月最大5人紹介できるため、家族で利用する場合も利用してみると良いでしょう。

イオンモバイルの速度

速度・スピード

通信速度が遅いという口コミが目立ったイオンモバイルですが、他社と比較してどの程度の速度が出ているのでしょうか。

また、日常使いで困るような速度になることはあるのでしょうか。

ここでは、通信速度のデータをまとめたサイト「みんなのネット回線速度」のデータを使ってイオンモバイルの速度について解説します。

平均実効速度

イオンモバイルの平均実効速度は以下の通りです。

項目数値結果
下り速度43.65Mbps
上り速度10.61Mbps
Ping値55.09ms
測定件数2210件

みんなのネット回線速度の平均速度ランキングでは、イオンモバイルの平均実効速度は、格安SIM全16社の中で12番目になっていました。

12番目と聞くと悪く感じるかもしれませんが、下り速度で43Mbps出ていれば日常で困ることはありません。

ゲームや動画視聴も快適に楽しめる数値結果なので、速度で困ることは少ないでしょう。

時間帯別の平均実効速度

イオンモバイルの口コミの中には、「混雑時だけ繋がらない」という声もありました。

その点を調査するため、時間帯別の平均速度についても見ていきましょう。

時間帯下り速度上り速度Ping値
54.34Mbps10.69Mbps50.09ms
2.64Mbps8.61Mbps91.27ms
夕方68.14Mbps14.81Mbps42.27ms
48.15Mbps8.45Mbps55.04ms
深夜51.63Mbps9.58Mbps43.0ms

イオンモバイルの通信速度は、昼の時間帯以外はかなり良好です。

これだけの速度が出ていれば、動画視聴やゲームで困ることはないでしょう。

ただし、昼の時間帯に関しては通信速度が非常に遅く、Ping値も良くありません。

この時間帯は通信が途絶えてしまう可能性もあるため、注意してください。

【結論】イオンモバイルはどんな人におすすめか解説

イオンモバイル

ここまでの情報を踏まえたうえで、どういう人におすすめなのかを解説します。

イオンモバイルがおすすめな人

次の特徴に当てはまる人は、イオンモバイルがおすすめです。

イオンモバイルがおすすめな人
  • 店員さんに相談しながら契約したい人
  • 細かなデータ容量から自分に合ったプランを見つけたい人
  • 家族で乗り換えを検討している人
  • 一人で複数の端末を利用している人

イオンモバイルの特に魅力的な部分は、細かなデータ容量が用意されている点と、シェアプランでお得に使える点です。

これらの条件に当てはまる人はイオンモバイルがぴったりでしょう。

また、初めての格安SIMで不安な人や知識が無く相談しながら契約したい人にもおすすめです。

全国のイオンにイオンモバイルの窓口があるので、不安な人は相談しながら契約してみてください。

イオンモバイルがおすすめでない人

一方、以下の特徴に当てはまる人には、イオンモバイルはおすすめできません。

イオンモバイルがおすすめでない人
  • データを無制限に使いたい人
  • 自分に合ったプランが分からない人
  • 最安のサービスを探している人
  • 端末を同時に購入したい人

イオンモバイルはプランが多いので、自分が必要とする容量を把握していないと正しいプランを選べません。

また、無制限のプランはないため、50GB以上使用する人には容量不足です。

毎月どのくらいの容量を使うか分からない人や、50GBでは足りないという人は別のサービスを利用した方が良いでしょう。

他にも、最安のサービスを使いたい人や端末の購入を検討している人は、別サービスをおすすめします。

▲目次に戻る

イオンモバイルの評判を調査したまとめ

AEON MOBILE

この記事では、イオンモバイルの評判・口コミやメリット・デメリットなどを解説しました。

再度イオンモバイルの評判をまとめると、以下の通りです。

イオンモバイルの評判・口コミまとめ
  • 料金は最安ではないが非常に安い部類
  • 複数端末での契約はシェアプランを使うとお得
  • データ容量プランは1GB単位で細かく選べる
  • 端末料金は高いため要注意
  • 初期費用3,300円は必要
  • 全国のイオンでサポートが受けられる
  • 1週間はお試しで利用できる

イオンモバイルは通常プランも安い部類ですが、家族や複数端末で使えるシェアプランは業界内でも特にお得なプランです。

家族で乗り換えを検討している人や複数端末を使っている人には、特におすすめできます。

ただ、昼間は速度が遅くなってしまう点や端末の料金が高い点には注意が必要です。

契約する際は、メリット・デメリットの両方を理解したうえで申込むようにしましょう。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
日々インターネット回線の情報をまとめている編集部が、皆さんへベストアンサーを提案していきます。情報が多くて難しい回線の説明ですが、猫を愛でることで誰にでも分かりやすくて読みやすい記事を作成しています。