b-mobileの評判|デメリットを調査しておすすめな人の特徴を解説

  • 2024年3月12日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
b-mobileの評判|デメリットを調査しておすすめな人の特徴を解説

b-mobileは、MVNO企業として非常に長い歴史を持つ日本通信株式会社が運営する格安SIMです。

最小1GBから使える従量制プランが人気ですが、実際の利用者がどういった風に感じているか気になる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、b-mobileを実際に利用している人の悪い評判・口コミやデメリットを調査し、結論どんな人におすすめなのかを解説します。

b-mobileのデメリット・メリット
  • 通信速度が遅く繋がりづらいときがある
  • MNP予約番号の発行が遅く即日乗り換えできない
  • サポートの対応が遅い
  • 各容量帯での最安サービスではない
  • 初期費用3,300円が無料にならない
  • 通信速度が速く快適に使える
  • 従量制プランで使い勝手が良い
  • 月額料金が安くてお得
  • サブ回線としての使い道が豊富
  • 5分通話かけ放題が標準搭載されている

b-mobileの評価レビュー

評価項目評価点数
料金★★★☆☆3.6
速度★★★☆☆3.8
サービス★★★☆☆3.2
総合評価★★★☆☆3.5
※評価レビューの採点基準や注意点は格安SIMの評価レビュー|基本情報一覧をご確認ください。

b-mobileの悪い評判・口コミを調査|デメリットまとめ

悪い評判

まずは、b-mobileの悪い評判・口コミを見ていきましょう。

併せて、評判・口コミから分かるデメリットも解説します。

通信速度が遅い

b-mobileの悪い口コミでは、通信速度が遅いという声が多く見られました。

中には「全然繋がらない」という声もあり、安定性・速度のどちらも悪い評価となっています。

しかし、通信速度が遅く繋がりづらいのは、格安SIMにおいて仕方のない部分です。

どのサービスも通信速度に関する悪い口コミは多いため、利用者の環境次第と言えるでしょう。

MNP予約番号の発行が遅い

MNP予約番号の発行が遅いという口コミが複数見られました。

MNP予約番号は電話番号を引き継いで他社へ乗り換える際に必要な番号で、一般的には問い合わせすることで即日発行できます。

しかしb-mobileでは、発行までに4日前後かかるケースもあるそうです。

他社キャンペーンなどですぐに格安SIMを乗り換えたい場合、苦労する可能性が高いでしょう。

サポートの対応が遅い

悪い口コミの中には、サポートの対応が遅いという意見も見られました。

中には「請求金額のメールは来るけれど、サポートの返信が来ない」という人もいます。

急を要さないケースでは問題ないですが、急ぎの要件で返信が来ないのは利用者にとって不安材料になりかねません。

初めて格安SIMを使う人にとっても、心配な部分と言えるでしょう。

最安のサービスではない

低容量帯の安さが魅力のb-mobileですが、中には料金が高いという口コミも見られました。

確かに、b-mobileは格安SIMの中で最安のサービスではありません。

例えば、1GBプランにおいては兄弟ブランドである日本通信SIMの方が安く、より低容量の100MBプランもLinksMateの方が安いです。

少しでも月額料金が安いサービスを使いたいという人には向かないでしょう。

初期費用3,300円が無料にならない

b-mobileの初期費用が高いという口コミも見られました。

b-mobileでは、契約時の初期費用として3,300円の事務手数料がかかります。

初期費用自体は他の格安SIMでも必要なケースがほとんどですが、キャンペーンなどで無料になるサービスも珍しくないため、デメリットと言えるでしょう。

サービス名初期費用
b-mobile3,300円
楽天モバイル無料
mineo3,740円+440円
(SIMカードが必要な場合)
⇒紹介特典で無料
ワイモバイル3,850円
⇒WEB手続きで無料

b-mobileもスターターキットを購入すると初期費用が無料となりますが、別途スターターキット代(3,000円相当)がかかります。

b-mobileのデメリットまとめ

b-mobileを実際に利用している人の評判・口コミから分かったデメリットは、以下の通りです。

b-mobileのデメリットまとめ
  • 通信速度が遅く繋がりづらいときがある
  • MNP予約番号の発行が遅く即日乗り換えできない
  • サポートの対応が遅い
  • 各容量帯での最安サービスではない
  • 初期費用3,300円が無料にならない

特に大きなデメリットと言えるのが、通信速度の遅さと初期費用の存在です。

格安SIMである以上、通信速度の遅さは仕方ありませんが、初期費用3,300円は大きな金額差になります。

少しでも料金を抑えて格安SIMに乗り換えたい人は、別サービスを検討した方が良いでしょう。

b-mobileの良い評判・口コミを調査|メリットまとめ

良い評判

次に、b-mobileの良い評判と口コミ、メリットについてみていきましょう。

月額料金が安い

良い評判・口コミで最も多かったのが、料金が安いという口コミです。

各容量帯で見ると最安というわけではありませんが、b-mobile自体は非常に安いサービスです。

特に、通話をしない人であれば1GB209円から利用できます。

詳しい料金については記事後半で解説するので、そちらも併せてご確認ください。

通信速度が速い

悪い評判・口コミでは通信速度が遅いと言われていましたが、逆に通信速度が速いという口コミも見られました。

中には40Mbpsほど出ている人もいたため、環境次第では快適な通信を実現できるようです。

ただし、悪い評判でも解説した通り、通信速度は使用端末やエリアによって大きく異なります。

速度の良し悪しが出てしまう点は、事前に理解しておきましょう。

従量制プランで使い勝手が良い

料金に並んで多かったのが従量制プランで使いやすく、安いという口コミです。

b-mobileでは1GB単位で使える従量制プランを採用しており、自分に合った容量だけを購入できます。

さらに、料金自体も非常に安いです。

料金を抑えたいけれど、毎月のギガ使用量が度々変わる人にはぴったりでしょう。

サブ回線として安く使える

bmobileはサービスの特性から、サブ回線として活用されている人も多くいました。

特に多かったのが、通話用のスマホにしている人です。

b-mobileの1GBプランは5分通話かけ放題が標準で付属されているため、簡単に通話用サブ携帯を作れます。

もちろん通常のデータ通信としても使えるので、サブ回線として非常に便利でしょう。

b-mobileのメリットまとめ

b-mobileを実際に利用している人の評判・口コミから分かったメリットは、以下の通りです。

b-mobileのメリットまとめ
  • 通信速度が速く快適に使える
  • 従量制プランで使い勝手が良い
  • 月額料金が安くてお得
  • サブ回線としての使い道が豊富
  • 5分通話かけ放題が標準搭載されている

b-mobileの魅力は、月額料金を抑えながら従量制プランが使える点です。

1GB単位で使える従量制格安SIMの中では最安値級で、大変お得に利用できます。

さらに、標準搭載で5分通話かけ放題が付属されているだけでなく、通常の通話料金も11円/30秒とリーズナブルです。

メイン回線としてはもちろんのこと、サブ回線としても重宝するサービスと言えるでしょう。

b-mobileの料金

b-mobileの概要

実際の口コミにもあった通り、b-mobileの魅力は従量制ながらリーズナブルな料金です。

ここでは、b-mobileの料金について詳しくみていきましょう。

月額料金

b-mobileの料金詳細

b-mobileでは、2つの料金プランが用意されています。

b-mobileの料金
プラン名990ジャストフィットSIM X
(音声通話付き)
190PadSIM X
(データ通信専用)
月額料金1GB:1,089円
2GB:1,309円
3GB:1,529円
※2GB以降は220円/1GBで従量制
30GB:7,469円
1GB:209円
2GB:418円
3GB:627円
※2GB以降は209円/1GBで従量制
30GB:6,270円
初期費用3,300円
最低利用期間なし
解約金なし
使用回線ソフトバンクソフトバンク
ドコモ
b-mobileの料金の特徴
  • 従量制の2プランから選択可能
  • 月間の最大容量は30GB
  • 最大容量超過後も低速で利用可能
  • 最低利用期間はなく解約金も無料
  • 990ジャストフィットSIM Xは「5分かけ放題」が標準搭載

990ジャストフィットSIM Xが1GB:1,089円~、190PadSIM Xは1GB:209円~利用可能です。

どちらのプランも従量制を採用しており、990ジャストフィットSIM Xは220円/1GB、190PadSIM Xは209円/1GBで増量できます。

共通している点は、初期費用と解約金です。

どちらも初期費用3,300円は必要ですが、解約時の料金や期間縛りはありません。

いつでも好きなタイミングで解約できるのは、嬉しいポイントでしょう。

990ジャストフィットSIM Xの通話料金

続いて、990ジャストフィットSIM Xの通話料金を解説します。

b-mobileの990ジャストフィットSIM X

b-mobileの通話料金
国内通話料11円/30秒
5分通話かけ放題標準で搭載
その他の音声オプション留守番電話:0円~330円
転送電話:0円
キャッチホン・割込通話:220円
迷惑電話拒否・ナンバーブロック:110円
着信通知:なし

b-mobileの「990ジャストフィットSIM X」には、5分通話かけ放題が無料で付属されています。

さらに、基本的な通話料金も11円/30秒と一般的な通話料金の半額です。

5分通話かけ放題が無料で使えるのは言わずもがな、通話料金も安いのは非常に大きなメリットでしょう。

留守番電話やキャッチホンなど、その他の音声オプションは必要に応じて追加可能です。

自分が必要な機能・オプションだけを申し込めるのも、嬉しいポイントですね。

b-mobileのプリペイドSIM

なお、b-mobileではプリペイドSIMというサービスも提供しています。

b-mobileのプリペイドSIM

プリペイドSIMとは、自分が欲しい容量だけを前払いで購入し、使い切ったら終了となる「使い切りSIM」のようなサービスです。

b-mobileのプリペイドSIM料金
サービス名プリペイドSIMVISITOR SIM
購入料金10GB×1ヶ月:3,850円
10GB×6ヶ月:19,250円
10GB×12ヶ月:29,920円
30GB×12ヶ月:47,300円(チャージ不可)
5GB/10日:1,980円
7GB/21日:2,970円
チャージ金額10GB/1ヶ月延長:2,750円
5GB(利用可能期間の変更はなし):1,870円
10GB(利用可能期間の変更はなし):3,300円
1GB/1日:500円

データをチャージすることで継続的に利用できるため、必要なときだけ使えるSIMという認識で良いでしょう。

セット割・家族割

スマホと光回線のセット割

残念ながら、b-mobileには光回線とのセット割や家族割、シニア割などの割引サービスはありません

ただ、提携している光回線がなく元の月額料金も安いため、割引サービスがないのは仕方のない部分と言えます。

家族でキャリアを統一していて、セット割で大幅な割引が受けられる場合は、b-mobileよりもセット割が適用できるキャリアを検討すると良いでしょう。

必須キャンペーン

キャンペーン

2024年2月現在、b-mobileでキャンペーンは実施されていません

そもそもb-mobileでは長期間キャンペーンが実施されておらず、直近で開催されていた公式のキャンペーンは10年ほど前です。

以前に行われていたキャンペーン
  • b-mobile X SIMのパッケージ割引(2014年1月~)
  • b-mobil 10%増量キャンペーン(2006年6月10日~8月31日)

直近の開催は一切ないため、今後も大きなキャンペーンが出てくる可能性は低いでしょう。

b-mobileの速度

b-mobileの190PadSIM X

次に、口コミでは意見が分かれていた通信速度についてみていきましょう。

平均実効速度

速度・スピード

b-mobileを実際に利用している人の実効速度は、以下の通りです。

項目数値結果
下り66.0Mbps
上り9.31Mbps
Ping値50.94ms
測定件数1,854件
みんそくより引用
※2024年2月25日時点

b-mobileの下り平均実効速度は、66.0Mbpsと比較的高速でした。

遅いという口コミもありましたが、66.0Mbps出ていれば高画質の動画もサクサク再生できます。

ただし、上り速度については9.31Mbpsと少し遅めです。

スマホやタブレットで上り速度が重要視されることはあまりありませんが、オンラインゲームや動画配信などは厳しいかもしれません。

速度を重視して格安SIMを選びたい人には、不向きと言えます。

時間帯別の平均実効速度

速度・スピード

次に、b-mobileの平均実効速度を時間帯別にみていきます。

時間帯下り上りPing
72.45Mbps10.86Mbps50.43ms
16.88Mbps12.88Mbps60.86ms
夕方20.46Mbps8.12Mbps50.78ms
37.69Mbps8.21Mbps56.72ms
深夜128.52Mbps8.84Mbps76.66ms

時間帯で分けてみると、ユーザー数が少ない深夜から朝方にかけては非常に安定しています。

特に深夜は128.52Mbps出ているため、回線のスペック自体は十分でしょう。

しかし、昼から夜にかけての混雑する時間帯は速度が遅くなりがちです。

時間帯によっては10Mbpsを下回る可能性もあるため、高画質動画の再生は厳しいかもしれません。

やはり速度を重視したい人には向かないでしょう。

【結論】b-mobileはどんな人におすすめか解説

b-mobileの提供エリア(990JUSTFIT)

ここまでの評判・口コミやメリット・デメリットから、結論b-mobileがどんな人におすすめかをまとめます。

b-mobileをおすすめできる人

はじめに以下の内容に当てはまる人には、b-mobileがおすすめです。

b-mobileをおすすめできる人
  • 毎月のデータ容量がバラバラ
  • 毎月の使用データ量があまり多くない
  • 月額料金を少しでも安くしたい
  • データ通信専用・通話専用のサブスマホが欲しい

b-mobileは、毎月のデータ容量が少なく、月によって使用容量が数ギガ単位で異なる人におすすめです。

例えば、毎月1~4GB程度で振れ幅があるという人にはぴったりです。

サブスマホの格安SIMで悩んでいる人にも向いています。

格安プランでデータ通信・通話ができるため、サブスマホとして最適な選択肢と言えるでしょう。

b-mobileをおすすめできない人

一方で、以下の内容に当てはまる人にはb-mobileはおすすめできません。

b-mobileをおすすめできない人
  • 毎月大容量のデータを使う
  • 通信速度を重視したい
  • 最安のサービスを利用したい
  • 定額のプランを利用したい

毎月大容量のデータを利用する人や決まった容量しか使わない人には、b-mobileは向きません。

b-mobileは低容量帯の従量制サービスとしては安いですが、高容量帯や定額プランと比べると決して安くはないためです。

また、通信速度面においても優れているとは言えません

定額プランで不便が無い人や大容量のデータを使う方、通信速度を重視したい方は、別サービスを検討すると良いでしょう。

▲目次に戻る

b-mobileの評判を調査したまとめ

b-mobile

本記事では、b-mobileの評判・口コミやサービス内容を調査しました。

b-mobileの評判まとめ
  • 1GB単位の従量制プランで使い勝手が良い
  • 低容量帯での料金は格安でお得
  • 通話専用・データ通信専用のサブスマホに向いている
  • 混雑していない時間帯の通信速度は速い
  • サポートの対応が遅く即日MNP予約番号を発行できない
  • 初期費用3,300円は必要
  • 最安のサービスではない

b-mobileは、低容量帯における従量制プランが魅力の格安SIMです。

特に、月によって1~4GB前後で容量が切り替わる人や、通話もしくはデータ通信専用のサブスマホを考えている人にはぴったりでしょう。

一方で、毎月大容量のデータを使う人や定額プランで事足りる人には向きません

かえって料金が高くなってしまったり通信速度が遅くなったりするため、別サービスを検討した方が良いです。

しっかりとメリットとデメリットを理解したうえで、申し込みましょう。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
ゲームが好きでネット回線や格安SIMに詳しくなったフリーライター。2017年からライターをしており、現在もネット回線と格安SIMジャンルの記事を多数執筆中。常に最新の正しい情報をお伝えします。