ドコモ回線の格安SIMおすすめ比較ランキング5選|料金・速度まとめ

  • 2024年1月23日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
ドコモ回線の格安SIMおすすめ比較ランキング|料金・速度まとめ

大手キャリアとして多くのユーザーから信頼を得ている、ドコモ回線

そんなドコモ回線を利用している格安SIMは種類が豊富なので、格安SIM選びで迷ってしまう人も多いでしょう。

本記事ではドコモ回線の格安SIMおすすめ比較ランキング5選を紹介します。

ドコモ回線の格安SIMを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

ドコモ回線の格安SIMおすすめ比較ランキング

順位サービス月額容量平均下り速度詳細
1位ahamo
ahamo(アハモ)
2,970~4,950円20GB・100GB88.28Mbps申込サイト
2位mineo
マイネオ
250~2,200円1GB~20GB40.98Mbps申込サイト
3位IIJmio
IIJmio
440~2,000円2GB~20GB
48.98Mbps申込サイト
4位y.uモバイル
y.uモバイル
800~4,170円5GB~20GB
59.83Mbps申込サイト
5位NUROモバイル
NUROモバイル
330~3,980円0.2GB~40GB61.96Mbps申込サイト

厳密に言うとahamoは格安SIMではありませんが、ドコモ回線の格安プランなのでおすすめ比較に含めています。

また、本記事に掲載している通信速度(実効速度)はいずれも速度比較サイトの「みんそく」におけるデータを利用しています。

ジャンル別ドコモ回線おすすめ格安SIM

SIM

まずはジャンル別にドコモ回線のおすすめ格安SIMを紹介します。

それぞれの格安SIMについて、詳しく見ていきましょう。

無制限でおすすめはmineo

マイネオ

無制限にデータ通信を使いたいならmineoがおすすめです。

mineoでは低~中速通信が使い放題になるサービスが用意されています。

mineoで低~中速が使い放題になるサービス
  • パケット放題 Plus
  • マイそく

パケット放題 Plusは最大1.5Mbpsの低速通信が使い放題になるオプションです。

高速通信よりは遅いものの、標準画質の動画視聴やSNS、音楽ストリーミングくらいなら快適に利用できます。

基本の料金プラン「マイピタ」に追加できるオプションで、月額料金は385円です。

10GB・20GBプランは追加料金なしで、パケット放題 Plusを使えます。

一方、マイそくは低~中速通信が使い放題のプランです。

マイそく速度制限音声通話
+データ通信
(デュアル)
データ通信のみ
(シングル)
プレミアム最大3Mbps2,200円
スタンダード最大1.5Mbps990円
ライト最大300Kbps660円
スーパーライト最大32Kbps250円-
注意事項・月曜~金曜の12時台は最大32kbpsになります。
・混雑回避のための速度制限および通信最適化の適用が必須となります。
・3日間で10GB以上利用時も速度制限があります。

高速通信は使えませんが、格安でデータ通信を無制限に使えます。

タブレットやモバイルルーターを活用したい人におすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/mineo公式を見る

20GBでおすすめはahamo

ahamo(アハモ)

20GBでおすすめはahamoです。

大手キャリアであるドコモの料金プランなので、通信速度が速く安定しています。

ただ、月額料金は2,970円と他の格安SIMよりやや割高です。

その代わりに5分かけ放題が標準で付帯します。

毎月20GBのデータ通信を利用しつつ、短い通話を何度もかける人なら他社よりもお得です。

万が一データ容量を使い切っても、最大1Mbpsの低速通信が使えます。

他社の低速通信(一般的には200kbps)よりも高速で、標準画質の動画視聴やSNSくらいなら快適です。

\お得なキャンペーン実施中!/ ahamo公式を見る

低容量でおすすめはHISモバイル

HIS Mobile

低容量でおすすめはHISモバイルです。

7GB以下のデータ容量では、業界トップクラスの安さを誇ります。

7GB以下の月額料金

  • 1GB:月額550円
  • 3GB:月額770円
  • 7GB:月額990円

一般的な格安SIMの月額料金は、3GBプランで1,000円ほどです。

HISモバイルなら、他社の3GBプランとほぼ同じ月額料金で7GBのデータ通信が使えます。

また、1GBプランユーザーの場合、データ使用量が100MB未満だった月は月額290円に!

無制限のかけ放題オプションもあるため、電話専用回線としても使えます。

電話がメインでデータ通信をほとんど利用しない人や、予備回線を安く維持したい人におすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/HISモバイル公式を見る

光回線とセットでおすすめはIIJmio

IIJmio

光回線とセットでおすすめなのはIIJmioです。

IIJmioひかりとセットで利用すると「mio割」が適用され、月額料金が660円割引されます。

適用条件を満たすと、自動的に割引が適用されるので安心です。

音声通話SIMはもちろん、データSIMでも割引が適用されます。

例えば月額440円のデータeSIM(2GB)なら、mio割により実質無料で保有可能です。

IIJmioを利用するなら、光回線もIIJmioひかりへ乗り換えると良いでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

ギガを繰り越しできるおすすめはy.uモバイル

y.uモバイル

ギガを繰り越しできるおすすめの格安SIMは、y.uモバイルです。

「永久繰り越し」サービスにより、無期限にデータ容量を繰り越せます。

データ繰り越し自体は他の格安SIMも対応していますが、その多くは1ヶ月しか繰り越せません。

一方y.uモバイルは、100GBの上限内であれば有効期限を気にせずデータ容量を貯められます。

基本のデータ容量だけでなく、追加チャージしたデータ容量も永久繰り越しの対象です。

\最大4ヶ月無料!/y.u mobile公式を見る

データフリーでおすすめはNUROモバイル

NUROモバイル

データフリーでおすすめはNUROモバイルです。

「バリュープラス」プランでは、LINEのトークをどれだけ使ってもデータ容量を消費しません。

もちろん追加料金は不要です。

大容量プランであるNEOプラン/NEOプランWでは、より高機能な「NEOデータフリー」が使えます。

LINEだけでなくX(旧Twitter)、Instagram、TikTokが使い放題です。

バリュープラスのデータフリーはLINE通話が対象外ですが、NEOデータフリーならLINEの音声通話でも適用されます。

データ容量を気にせずLINEやSNSを楽しみたいなら、NUROモバイルのNEOプラン/NEOプランWがおすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/NUROモバイル公式を見る

ドコモ回線の格安SIMおすすめ5選

おすすめ

次はドコモ回線の格安SIMおすすめ5選をランキング形式で紹介します。

基本情報だけでなくメリットや平均実効速度、注意点などもまとめました。

1位:ahamo

ahamo

  • 基本情報
  • メリット
  • 平均実効速度
  • 解説
  • 月額料金2,970円・4,950円
    平均下り速度88.28Mbps
    初期費用0円
    キャンペーン・エントリー&乗り換えで5,000円ポイント還元
    ・エントリー&ahamo契約で、抽選で100組を東京ディズニーシー
    ファンタジースプリングス・プレビューへ招待
    ・ahamoとディズニープラス契約で3,000ポイント還元&月額料金が6ヶ月間990円割引
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • 通信速度が速い
    • 5分かけ放題が標準で付帯
    • 月100GBの大容量プランを利用できる
    • データ容量を使い切っても最大1Mbpsの通信が使える
    • 海外ローミングが月20GBまで無料
  • 項目データ
    測定数15,629件
    平均下り速度88.28Mbps
    平均上り速度11.24Mbps
    平均Ping値50.16ms
    時間帯Ping下り上り
    47.93ms94.37Mbps10.83Mbps
    53.96ms59.51Mbps8.5Mbps
    夕方48.99ms116.38Mbps14.15Mbps
    53.48ms66.93Mbps9.07Mbps
    深夜48.1ms94.01Mbps11.96Mbps
  • ahamoは大手キャリアであるドコモの格安プランなので、厳密に言うと格安SIMではありません。

    しかし、月20GBのプランが月額2,970円と、格安SIM並みの料金で使えます。

    しかも5分かけ放題が標準で付帯するので、電話をかける頻度が多いならよりお得です。

    大盛りオプションに加入すると、月額4,950円で100GBのデータ通信も使えます。

    海外ローミングが月20GBまで無料なので、旅行や出張で海外へ行く機会が多い人におすすめです。

    一方で、データ通信をあまり使わない人向けの低容量プランが用意されていません。

    毎月のデータ使用量が10GB以下なら、他の格安SIMを選んだほうが安上がりです。

2位:mineo

minoeの受賞歴

  • 基本情報
  • メリット
  • 平均実効速度
  • 解説
  • 月額料金250~2,200円
    平均下り速度40.98Mbps
    初期費用契約事務手数料:3,300円
    SIMカード発行料:440円
    キャンペーン・10分かけ放題が最大4ヶ月無料、無制限かけ放題が最大3ヶ月間660円
    ・Xiaomi端末購入で最大5,000円分プレゼント
    ・Xperia 10 V購入で2,500円分プレゼント
    ・申し込みでU-NEXT最大3ヶ月分プレゼント
    ・安心バックアップの月額料金が最大6ヶ月無料
    ・mineo端末安心保証の月額料金が最大2ヶ月無料
    セット割eo × mineo セット割
    eo光ネット月額料金 330円/月 割引
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • 3キャリアすべての回線に対応
    • 「パケット放題 Plus」加入で1.5Mbpsの通信が使い放題
    • 低~中速通信が使い放題のマイそくもお得
    • パケットシェアやパケットギフトでデータ容量を分けあえる
    • 「マイネ王」を始めとする独自サービスが豊富
  • 項目データ
    測定数16,753件
    平均下り速度40.98Mbps
    平均上り速度9.49Mbps
    平均Ping値62.8ms
    時間帯Ping下り上り
    65.91ms60.2Mbps11.54Mbps
    70.37ms14.53Mbps8.52Mbps
    夕方65.13ms30.38Mbps8.72Mbps
    59.26ms31.18Mbps10.05Mbps
    深夜61.81ms49.39Mbps9.57Mbps
  • mineoは大手3キャリアすべての回線に対応しています。

    ドコモ回線にも対応しており、ドコモのスマホはSIMロック解除せずにそのまま利用可能です。

    パケット放題 Plus加入で1.5Mbpsの低速通信が使い放題になる上に、低・中速通信が格安で使い放題の「マイそく」も用意されています。

    「速度が遅くても良いので、格安でデータ通信を無制限に使いたい」という人にピッタリです。

    その他にも公式コミュニティ「マイネ王」や、全ユーザーでデータ容量をシェアする「フリータンク」など、独自のサービスが多く用意されています。

    ただし、他の格安SIMに比べると月額料金はやや割高です。

    とにかく通信料を抑えたい人は、他の格安SIMを検討したほうが良いでしょう。

3位:IIJmio

IIJmio

  • 基本情報
  • メリット
  • 平均実効速度
  • 解説
  • 月額料金440~2,000円
    平均下り速度48.98Mbps
    初期費用契約事務手数料:3,300円
    SIMカード発行手数料:433.4円
    キャンペーン・他社から乗り換えで端末代が大幅割引
    ・音声SIMまたは音声eSIM申し込みで月額料金が6ヶ月間440円割引
    ・通話オプションの月額料金が6ヶ月間410円割引
    セット割mio割
    毎月660円割引
    契約期間課金開始日を含む月の末日まで
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • ドコモ回線とau回線に対応
    • 端末の種類が豊富で価格も安い
    • 月額料金も割安
    • データシェア・データプレゼントに対応
    • IIJmioひかりとのセット割がある
  • 項目データ
    測定数12,708件
    平均下り速度48.98Mbps
    平均上り速度10.77Mbps
    平均Ping値59.32ms
    時間帯Ping下り上り
    55.19ms56.1Mbps13.44Mbps
    89.05ms14.9Mbps9.53Mbps
    夕方61.02ms37.58Mbps8.25Mbps
    54.18ms54.49Mbps11.39Mbps
    深夜51.6ms59.62Mbps12.1Mbps
  • IIJmioは端末セットの種類が豊富で、スマホはもちろんタブレットにルーター、ノートPCまで取り揃えています。

    しかも販売価格が割安です。

    中には一括110円で購入できる端末もあります。

    月額料金も比較的安く、20GBプラン(月額2,000円)は今回紹介する格安SIMで最安です。

    家族でデータ容量を分けあえる「データシェア」「データプレゼント」機能にも対応しています。

    使い切れずに余ったデータ容量を有効活用できるのも、IIJmioのメリットです。

    注意点として、IIJmioでは20GBを超える大容量プランや無制限プランが用意されていません。

    自宅にWi-Fi環境がない人や、外出先でゲームや動画視聴を長時間利用する人だと、データ容量が足りない恐れがあります。

4位:y.uモバイル

  • 基本情報
  • メリット
  • 平均実効速度
  • 解説
  • 月額料金800~4,170円
    平均下り速度59.83Mbps
    初期費用登録事務手数料:3,300円
    SIM発行手数料:440円
    キャンペーン・他社から乗り換えで月額料金が最大4ヶ月無料
    ・シングル U-NEXTまたはシェア U-NEXTを申し込みで1,200ポイント還元
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • 料金プランがシンプルで分かりやすい
    • 10GB・20GBプランはU-NEXTが付帯してお得
    • U-NEXTポイントでデータ容量をチャージできる
    • データ容量を無期限に繰り越せる
    • 年間最大3万円の修理費用保険が無料で付帯
  • 項目データ
    測定数1,487件
    平均下り速度59.83Mbps
    平均上り速度11.79Mbps
    平均Ping値46.04ms
    時間帯Ping下り上り
    42.11ms84.53Mbps18.29Mbps
    46.59ms63,82Mbps12.23Mbps
    夕方50.33ms67.22Mbps13.91Mbps
    42.17ms53.26Mbps11.44Mbps
    深夜42.76ms54.59Mbps12.46Mbps
  • y.uモバイルはシンプルな料金プランが魅力です。

    5GB・10GB・20GBの3つだけで、複雑な割引や契約縛りもありません。

    10GBと20GBプランは、動画サービス「U-NEXT」の月額料金も含まれています。

    U-NEXTの月額料金は2,189円なので、普段からU-NEXTを使っている人は10GBプランが実質781円に!

    また、y.uモバイルはデータ容量を無期限に繰り越せる「永久繰り越し」に対応しています。

    旅行や出張に備えてデータ容量を貯められるので、大変便利です。

    シンプルで分かりやすいメリットがある一方、選択肢が少なく自分にピッタリのプランを見つけにくいデメリットもあります。

    10GB・20GBはU-NEXT付きのプランしかないため、U-NEXTが不要な人だと割高になるのもマイナスポイントです。

5位:NUROモバイル

NUROmobileの料金概要

  • 基本情報
  • メリット
  • 平均実効速度
  • 解説
  • 月額料金330~3,980円
    平均下り速度61.96Mbps
    初期費用※登録事務手数料:3,300円
    SIMカード準備料:440円
    キャンペーン・NEOプラン申し込みで11,000円キャッシュバック
    ・NEOプランW申し込みで15,000円キャッシュバック
    ・音声通話SIMのVS/VM/VL/VLLプラン申し込みで月額料金が6ヶ月間割引
    ・5分/10分かけ放題プラン申し込みで月額料金が6ヶ月間440円割引
    ・Xperia 10 IVセット購入で10,000円キャッシュバック
    セット割NURO 光・NUROモバイルセット割引特典
    NURO光の月額料金が1年間最大1,100円割引
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    ※NEOプランW/NEOプランは初期費用がすべて0円
    • 月額料金は最安クラス
    • かけ放題付きプランもお得
    • 3キャリアすべての回線に対応
    • データフリーでLINEやSNSが使い放題
    • データ容量を他のユーザーにギフトできる
  • 項目データ
    測定数5,815件
    平均下り速度61.96Mbps
    平均上り速度14.44Mbps
    平均Ping値49.17ms
    時間帯Ping下り上り
    42.6ms76.05Mbps18.76Mbps
    61.25ms34.26Mbps12.15Mbps
    夕方45.41ms64.22Mbps14.21Mbps
    47.92ms62.77Mbps12.48Mbps
    深夜44.49ms74.92Mbps15.4Mbps
  • NUROモバイルは業界トップクラスの安さを誇ります。

    一般的には3GBプランが月額1,000円ほどですが、NUROモバイルは3GBプランが月額792円、5GBプランが月額990円とリーズナブル。

    とにかく安く利用したいなら、まず検討したい格安SIMと言えるでしょう。

    ドコモを含む大手3キャリアの回線に対応しており、どの回線を選んでも月額料金は同じです。

    また、NEOプラン/NEOプランWなら、データ消費を気にせずLINE・X(旧Twitter)・Instagram・TikTokを利用可能です。

    月額料金が格安なNUROモバイルですが、端末セットは割引がありません。

    ラインナップもそこまで多くないので、端末は他の場所で購入しましょう。

ドコモ回線の格安SIM|料金を比較して最安はどこ?

料金

ここではドコモ回線のおすすめ格安SIMの料金を比較してみます。

本記事で紹介したおすすめ格安SIMの月額料金を容量別にまとめました。

いずれも音声通話SIMの料金です。

10GB以下の月額料金

格安SIM名1GB2GB3GB5GB10GB
ahamo
ahamo(アハモ)
なしなしなしなしなし
mineo
マイネオ
1,298円なしなし1,518円1,958円
IIJmio
IIJmio
なし850円なし990円1,500円
y.uモバイル
y.uモバイル
なしなしなし1,070円2,970円
NUROモバイル
NUROモバイル
930円
※5分かけ放題付き
なし792円990円1,485円

15GB以上の月額料金

格安SIM名15GB20GB40GB100GB
ahamo
ahamo(アハモ)
なし2,970円なし4,950円
mineo
マイネオ
なし2,178円なしなし
IIJmio
IIJmio
1,800円2,000円なしなし
y.uモバイル
y.uモバイル
なし4,170円なしなし
NUROモバイル
NUROモバイル
1,790円2,699円3,980円なし

安さ重視で選ぶならNUROモバイルかIIJmioがおすすめです。

1~15GBはNUROモバイルが最安ですが、IIJmioもほぼ同じ料金で利用できます。

20GBプランにいたってはIIJmioが最安です。

毎月のデータ使用量が20GB以下の人は、NUROモバイルかIIJmioを検討しましょう。

20GBで足りない場合、選択肢はNUROモバイルとahamoしかありません。

月40GBで収まるならNUROモバイル、それでも足りないならahamo(大盛りオプション)がおすすめです。

ドコモ回線の格安SIM|速度を比較して速いのは?

速度・スピード

ドコモ回線のおすすめ格安SIMの平均下り速度を比較してみましょう。

格安SIM名平均下り速度測定数
ahamo
ahamo(アハモ)
88.28Mbps15,629件
mineo
マイネオ
40.98Mbps16,753件
IIJmio
IIJmio
48.98Mbps12,708件
y.uモバイル
y.uモバイル
59.83Mbps1,487件
NUROモバイル
NUROモバイル
61.96Mbps5,815件

下り速度の引用元:みんなのネット回線速度(みんそく)

平均下り速度が速いのは88.28Mbpsを記録した「ahamo」です。

ahamoは厳密には格安SIMではなく、大手キャリアであるドコモが提供しています。

一般的な格安SIMよりも通信が安定しやすいため、平均下り速度でも他の格安SIMを大きくリードしました。

ahamoなら動画視聴やビデオ会議、ゲームなども快適にこなせるでしょう。

その他の格安SIMも平均下り速度が40Mbps以上なので、SNSや動画視聴など一般的な用途なら問題ありません。

▲目次に戻る

ドコモ回線の格安SIMおすすめ比較5選まとめ

スマホ

本記事ではドコモ回線のおすすめ格安SIMを比較・解説しました。

ドコモ回線の格安SIMおすすめ比較5選まとめ
  • 通信速度を重視するなら「ahamo
  • 月額料金の安さ重視なら「HISモバイル
  • 「NUROモバイル」と「IIJmio」も比較的安い
  • データ容量を繰り越したいなら「y.uモバイル
  • 低~中速通信を無制限に使うなら「mineo
  • データフリーのあるサービスが良いなら「NUROモバイル

通信速度を重視するならドコモの格安プランであるahamoがおすすめです。

月額料金はやや高くなりますが、通信品質は他の格安SIMより優れています。

反対に、月額料金の安さを重視するならHISモバイル、NUROモバイル、IIJmioがおすすめです。

NUROモバイルならデータフリーも利用できますよ。

データ容量を繰り越したい人には、無期限の繰り越しに対応するy.uモバイルがピッタリです。

無制限プランを利用したいなら、低~中速通信が使い放題になるmineoがコスパに優れています。

それぞれの特徴やメリットを把握し、自分にぴったりの格安SIMを選んでみてくださいね。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
スマホ好きなフリーライターです。学生時代に節約のため格安SIMを使い始め、格安SIMとスマホにハマりました。格安SIM歴は約10年で、現在も常に10回線前後契約しています。その経験を生かしてスマホライターとして活動中。