光回線とホームルーターの違い4個を比較|どっちがいいか解説

  • 2024年2月11日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
光回線とホームルーターの違いを比較|どっちがいいか解説

自宅のネット環境を整えたいとき、主な選択肢となるのは光回線もしくはホームルーターではないでしょうか。

本記事では下記の疑問を解決していきます。

それぞれの比較を確認して、ぜひ自分に合ったインターネット回線を見つけてくださいね。

併せて、光回線のおすすめ4社ホームルーターのおすすめ3社も紹介するので、ネット回線選びに困っている人はぜひ参考にしてください。

光回線とホームルーターの違いを比較
光回線とホームルーターの違いを比較
光回線とホームルーターの違いまとめ

光回線とホームルーターの決定的な違い4つ

光回線とホームルーターの違いを比較

光回線は、大容量通信が可能な光ファイバーを利用し、物理的に自宅内にネット回線を引き込む仕組みです。

一方のホームルーターは、スマホのように基地局から飛んできた電波をルーターでキャッチして通信する仕組みになっています。

光回線とホームルーターの違いは、主に4つです。

項目光回線ホームルーター
工事の必要性必要不要
通信速度の違い平均速度350Mbps程度平均速度150Mbps程度
速度制限の有無なし基本はないが、場合によってあり
通信の安定性安定しているやや不安定

それぞれの項目を詳しく確認しましょう。

工事の必要性

回線工事

違い1:工事の必要性の違い
  • 光回線:開通工事が必要で、利用開始までには2週間~1ヶ月程かかる
  • ホームルーター:開通工事不要で、2~3日程度で届くルーターに電源を入れればすぐに使える

導入時、光回線は工事が必要ですが、ホームルーターは工事不要です。

光回線の工事自体は1日で終わるものの、日程調節も含めると利用できるまでに2週間~1ヶ月ほど掛かります。

すでに光回線を導入していても、独自回線を使用している光回線との間で乗り換える際は新しく工事が必要です。

一方でホームルーターは、早ければ申し込みから2~3日後にルーターが到着し、届いたその日に使い始められます。

コンセントに挿すだけですぐに使用できるため、手軽さはホームルーターが上と言えるでしょう。

実際の口コミをリサーチしてみても、ホームルーターは早く届く、光回線の工事は長いといった意見が目立ちました。

通信速度の違い

速度

違い2:通信速度の違い
  • 光回線:ホームルーターの約2倍を誇る平均通信速度
  • ホームルーター:光回線には劣るが、5G対応によって高速化

通信速度は、光回線の方がホームルーターより圧倒的に優れています

種類別のダウンロード通信速度の平均で比較してみましょう。

光回線が約350Mbpsに対してホームルーターが150Mbps程度と、2倍もの差がついています(「みんなのネット回線速度」)。

もちろん、最近5G対応の新型ホームルーターが登場したので、今後ホームルーターの通信速度が飛躍的に速くなる可能性もあります。

それでも5G通信ができるエリアは限られているため、日本全国どこであっても高速通信が可能な光回線とは大きな差があると言っても過言ではないでしょう。

実際の口コミでは「ホームルーターで速度は十分」、反対に「遅すぎる」といった意見がありました。

光回線とホームルーターの速度の違いについては、こちらもご覧ください。

速度制限の有無

電波

違い3:通信制限の有無
  • 光回線:制限されない
  • ホームルーター:短期間に大量のデータ通信をする、もしくはエリア内が混雑していると速度が制限される

光回線はどんなに利用しても速度制限がかかりません。

しかしホームルーターは速度制限のかかる可能性があるため、注意が必要です

「可能性がある」というのも、基本的にはホームルーターも通信容量無制限のプランがメインとなっています。

WiMAXも以前は3日間で15GB以上の通信を行うと制限がかかるようになっていましたが、2022年3月に撤廃されました。

しかしエリア内が混雑していたり、短期間に大容量の通信を行ったりすると制限がかかってしまうのが、ホームルーターです。

代表的なホームルーター3社の速度制限の決まりは、以下のようになっています。

ドコモ home 5Gの速度制限について

ご利用が集中している時間帯に特定エリアで通信が遅くなることがあります。当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

引用元:home 5G HR02 | home 5G | NTTドコモ

WiMAX +5G の速度制限について

一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

引用元:WiMAX +5Gサービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について|UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】

SoftBank Airの速度制限について

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

引用元:SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

共通しているのは、「ホームルーターについては速度が制限される可能性がある」という点です。

光回線も混雑時には速度が遅くなりますが、ホームルーターほどではありません。

通信の安定性

サーバー

違い4:通信の安定性
  • 光回線:自宅に直接回線を引き込むので安定度が高い
  • ホームルーター:ルーターの設置場所やエリア内の混雑具合によって通信が不安定になる

通信の安定性は、ホームルーターよりも光回線が優れています

光回線が家の中にまで回線を引き込むのに対して、ホームルーターはスマホのモバイルデータ通信と同じように電波を拾って通信する仕組みです。

そのためホームルーターは、壁や家具などの遮蔽物や電波を発する機器の影響を受けやすく、電波が安定しづらいと言われています。

また、エリア内での同時接続者が増えると通信速度が低下することも、光回線と比較して安定性が劣る要因のひとつです。

時間帯を問わず安定した通信を行いたい場合は、光回線の方が良いでしょう。

光回線とホームルーターの通信速度を比較する

光回線とホームルーターの通信速度を比較

インターネット回線を選ぶ上で、最も気になるポイントは通信速度ではないでしょうか。

実は、ネット通信の使い方によって必要な通信速度は異なります。

速ければ速いほど良い!と思われがちですが、使い方次第では速度はほどほどでも料金がお得なサービスで十分満足できるケースもあるのです。

参考までに、まずは使い方によって必要な通信速度を確認しておきましょう。

  • Webサイト閲覧:10~30Mbps
  • 動画視聴(標準画質):10Mbps
  • 動画視聴(4K):30Mbps
  • オンラインゲーム:100Mbps以上

その上で光回線とホームルーター、それぞれの平均速度を比較していきましょう。

ちなみにPing値とは、通信の応答速度を表す数値です。

Ping値が低ければ低いほど通信の遅延(ラグ)が小さく、快適に通信できます。

光回線とホームルーターの速度を比較した結果
  • 5G通信だと最大速度はホームルーターの方が速い
  • 平均実効速度は光回線の方が優れている
  • Ping値は光回線の方が小さく快適

光回線の平均速度

光回線最大速度平均実効速度Ping値測定件数
ドコモ光
ドコモ光
1Gbps256.35Mbps18.87ms1015000件
auひかり
auひかり
1Gbps485.66Mbps14.98ms230380件
とくとくBB光
とくとくBB光
1Gbps226.64Mbps18.94ms17093件
NURO光
NURO光
2Gbps582.88Mbps11.58ms455882件

ホームルーターの平均速度

ホームルーター最大速度平均実効速度Ping値測定件数
ドコモ home 5G
(home 5G HR01)
home5G
5G:4.2Gbps
4G:1.7Gbps
150.98Mbps54.22ms92761件
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)
WiMAX+5G
5G:4.2Gbps172.45Mbps50.5ms855件
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L12)
WiMAX+5G
5G:2.7Gbps97.97Mbps41.99ms11278件
ソフトバンク Air
(Airターミナル5)
ソフトバンク光
5G:2.1GBps104.68Mbps44.19ms7987件

通信性能は、光回線が圧倒的に優秀なことが分かりますね。

home 5Gの速度は光回線に迫るものがありますが、やはりPing値には大きな開きがあります。

通信速度が速くて遅延の少ない快適なインターネット環境を求めているならば、やはり光回線を選ぶべきでしょう。

光回線とホームルーターの料金を比べる

光回線とホームルーターの料金を比べる

続いて、光回線とホームルーターの料金を比較します。

光回線とホームルーターの料金を比較した結果
  • 工事料金はどちらも無料もしくは実質無料な傾向にある
  • 事務手数料はどちらも同じ
  • スマホセット割は回線やホームルーターを問わず用意されているものが多い
  • 光回線は解約金があるサービスも多いがホームルーターは無料

光回線4社の料金

光回線月額料金工事料金事務手数料スマホセット割解約金
ドコモ光
ドコモ光
戸建て:5,720円~
マンション:4,400円~
無料3,300円ドコモ4,180円~
auひかり
auひかり
戸建て:5,390円~
マンション:3,740円~
実質無料3,300円au・UQモバイル2,290円~
とくとくBB光
とくとくBB光
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
実質無料3,300円なしなし
NURO光
NURO光
戸建て:5,200円
マンション:2,090円~
実質無料3,300円ソフトバンク戸建て:3,850円
マンション:528円

ホームルーター3社の料金

ホームルーター月額料金工事料金事務手数料スマホセット割解約金
ドコモ home 5G
(home 5G HR01)
home5G
4,950円0円3,850円ドコモなし
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L13)
WiMAX+5G
2,618円(初月~24ヶ月)
4,928円(25ヶ月~)
0円3,300円au・UQモバイルなし
WiMAX
(Speed Wi-Fi HOME 5G L12)
WiMAX+5G
4,268円(初月~13ヶ月)
4,950円(14ヶ月〜)
0円3,300円au・UQモバイルなし
ソフトバンク Air
(Airターミナル5)
ソフトバンク光
3,278円(初月~12ヶ月)
5,368円(13ヶ月~)
0円3,300円ソフトバンク・ワイモバイルなし

毎月に利用料金に大きな差はない

ホームルーターと光回線の毎月の利用料金に大きな違いはありません

しかし、会社や条件によってはホームルーターよりも光回線の方が安くなります。

また、光回線は大型のキャッシュバックキャンペーンを多く実施しているため、“実質料金”で考えるとさらにお得になるケースがほとんどです。

工事費やレンタル料が実質無料が多い

光回線の工事費用は、会社によって完全無料・実質無料・有料に分かれます。

中でも分割払いによる「実質無料」形式の会社が多い傾向で、2~3年の利用で実質的な負担がほぼなくなるケースがほとんどです。

ホームルーターは工事費用が掛からない一方で、本体のレンタル料が発生する場合もあります。

しかし、ホームルーターも割引などにより実質無料になるケースが多いです。

もちろん、すべての回線やホームルーターが実質無料とは限りません。

選ぶ際は月額料金だけでなく、工事費・レンタル代金の有無や支払い形式なども確認しておきましょう。

光回線とホームルーターはどちらがおすすめ?

答え

上記の情報を元に考えると、光回線の方がホームルーターよりもメリットが多いことが分かります。

しかしそもそも利用できる環境か、いつから利用したいかなど、住環境やスケジュールにも左右されるのが回線選びです。

さまざまな観点から比較し、自分に合ったインターネット回線をじっくり選びたいですね。

これまでリサーチしてきた光回線・ホームルーターの違いを元に、それぞれの回線がどういった人におすすめできるかまとめたのでぜひ参考にしてください。

光回線がおすすめな人

光回線

こんな人には光回線がおすすめ
  • 光回線とホームルーターどちらも選べる人
  • 通信速度と安定性を重視する人
  • オンラインゲームやビデオ会議を頻繁に行う人

自宅が光回線を利用できる環境なのであれば、通信速度・料金共にメリットの多い光回線を選びましょう。

通信速度が速くて困ることはありませんし、安定性が高いので利用人数や機器数が増えても安心です。

オンラインゲームやビデオ会議を頻繁に行う場合、ホームルーターの通信速度だと不便に感じる可能性が高いため、あまりおすすめできません。

ただし、光回線は引っ越し先で同じ回線を利用できないと(対応エリア外や対応していない建物に引っ越してしまった場合など)、自動的に解約になってしまいます。

契約期間中に解約すると解約金や工事費の残債の支払いが発生してしまうため、近々引っ越しの予定のある人はホームルーターの方が安心です。

ホームルーターがおすすめな人

ホームルーター

こんな人にはホームルーターがおすすめ
  • 2~3年以内に引っ越しの予定がある
  • 光回線の工事ができない人
  • すぐにインターネット回線が必要な人

ホームルーターのメリットは、工事不要かつ設置が簡単なことです。

光回線を新規開通する場合、どうしても数週間はかかってしまいます。

すぐにでもネットを使いたいという人にはホームルーターがおすすめです。

また、賃貸住宅だったりエリア外だったりで光回線の工事ができない人にとって、ホームルーターはとても便利な手段です。

光回線と比較すると料金の割に速度が遅いと感じてしまうかもしれませんが、一般的な使い方であれば問題ありません。

例えばWebサイトを見たり動画を視聴する程度には十分な速度が出るので、不便を感じることはほぼないでしょう。

おすすめの光回線4選を紹介

おすすめランキング

光回線に興味が沸いた人のために、おすすめの光回線を4つ紹介します。

それぞれの回線の詳細情報をチェックしていきましょう。

auひかり

auひかり(GMOとくとくBB)のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • 解説

とくとくBB光(GMO光アクセス)

とくとくBB光のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金4,818円3,773円
    最大速度最大1Gbps
    平均速度
    (下り)
    236.49Mbps
    手数料3,300円
    工事費実質無料
    特典全員5,000円キャッシュバック
    他社違約金保証最大60,000円キャッシュバック
    オプション加入で最大24,000円増額
    Wi-Fiルーターレンタル無料
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • 他社に比べて料金が安い
    • Wi-Fiルーターがレンタル無料
    • 光コラボなので全国的に利用できる
    • 新規・乗り換えどちらも高額キャッシュバック
  • とくとくBB光は、フレッツ光回線とプロバイダのGMOとくとくBBがセットになったサービスです。

    戸建てでも5,000円以下という驚きの安さを誇っています。

    その他、工事費用やv6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタル料なども、条件を満たせば無料です。

    2年目以降も支払い金額が変わらず、解約金・違約金もないため、長期間使いたい人にとっては見逃せないサービスと言えるでしょう。

    ただし、工事費を実質無料にするための最低利用期間は36ヶ月と長めです。

    フレッツからの転用であれば工事費はかかりませんが、初めてNTTフレッツ光を導入するのであれば、最低3年間は使い続けるつもりで契約しましょう。

    また、光コラボ回線の中でも特に高額なキャッシュバックを行っています。

    他社からの乗り換えなら解約違約金として、違約金の金額に関わらず一律40,000円とかなりの高額キャッシュバックです。

ドコモ光

ドコモ光プロバイダ@niftyのキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • 解説

NURO光

NURO光のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • 解説

おすすめのホームルーター3選を紹介

おすすめ

ホームルーターは光回線に比べると種類は少ないですが、それでも会社によって個性があるので、特徴を理解して選びましょう。

ここでは、現在主流となっている3社のホームルーターを紹介します。

おすすめのホームルーター

スマホのキャリアと同じように、会社によって対応エリアが異なります

必ず契約前に自宅が対応エリアに入っていることを確認しましょう。

ドコモ home 5G

ドコモ home 5G(GMOとくとくBB)

  • 特徴
  • 料金
  • 速度
  • 縛り
  • 容量
  • 端末
  • 特典
  • 解説
  • 最もおすすめのホームルーターは、ドコモが提供するホームルーター「ドコモ home 5G」です。
    項目キャッシュバック詳細
    GMOとくとくBB18,000円相当
    (Amazonギフト券)
    申込サイト
    ドコモ公式15,000円相当
    (dポイント還元)
    申込サイト
    NNコミュニケーションズ15,000円
    (現金)
    申込サイト
    ドコモ home 5Gのメリット
    • 通信速度が速い
    • 解約金がない
    • ドコモ・irumoのスマホセット割がある

    2023年に最新機種の「HR02」が登場し、さらなる高速通信が可能になりました。

  • 項目詳細
    月額料金4,950円
    端末料金実質0円
    契約事務手数料3,850円
    スマホセット割対象機種と一緒に契約すると、一部スマホの月額料金を最大1,100円割引
  • 項目詳細
    測定件数99873件
    平均Ping値54.38ms
    平均ダウンロード速度156.7Mbps
    平均アップロード速度18.28Mbps
    時間帯Ping下り上り
    50.1ms187.56Mbps19.01Mbps
    52.01ms116.32Mbps13.89Mbps
    夕方56.09ms134.39Mbps16.7Mbps
    53.77ms147.49Mbps18.68Mbps
    深夜48.93ms189.82Mbps22.04Mbps
  • 項目詳細
    契約期間なし
    契約解除料なし
    ドコモ home 5Gには、契約期間の縛りがありません

    どのようなタイミングでも違約金がかからないのは、大きなメリットです。

  • サービス容量
    GMOとくとくBB無制限
    ドコモ公式無制限
    NNコミュニケーションズ無制限
  • サービス取扱端末
    GMOとくとくBBhome 5G HR02
    ドコモ公式home 5G HR01
    home 5G HR02
    NNコミュニケーションズhome 5G HR02
  • 項目キャンペーン
    GMOとくとくBB18,000円分
    (Amazonギフト券)
    ドコモ公式15,000円相当
    (dポイント)
    ・「home 5G」乗り換えキャンペーン
    ・home 5G U29デビュー割
    NNコミュニケーションズ15,000円
    (現金)
    ドコモ home 5Gは公式はもちろん、代理店でもキャッシュバックキャンペーンが行われています。

    中でもお得なのは、GMOとくとくBB。

    GMOとくとくBBが独自で行っているキャッシュバックと公式特典を併用できるので、大変お得です。

  • ドコモ home 5Gは下りの平均通信速度が速く、5Gエリア内であれば光回線に迫る速度が出ます

    ただし、Ping値は光回線には及ばないため、オンラインゲームなどのラグが気になる用途には不向きです。

    新型のルーターは端末代金が7万円以上と高額なので、実質無料になるよう最低3年間は利用する前提で契約しましょう。

    他と比較して料金が特に安いわけではありませんが、ドコモやirumoとセットで契約するとスマホ代が割引になり、総合的にお得になります。

    おすすめの申し込み窓口は、「GMOとくとくBB」「ドコモオンラインショップ」「NNコミュニケーションズ」の3つです。

    月額料金に差はありませんが、キャンペーン内容が異なるため、気になるものをチェックしてみてください。

WiMAX +5G

WiMAX+5G

  • 特徴
  • 料金
  • 速度
  • 縛り
  • 容量
  • 端末
  • 特典
  • 解説
  • WiMAXとは、ネット通信に使われる電波の技術規格の1つです。

    4G LTEや5Gと同じく、専用の端末があればWiMAXの電波でインターネットを使用できるため、ホームルーターとして提供されています。

    項目キャンペーン
    5G CONNECT
    申込サイト
    30日間お試しモニター
    端末代金0円
    GMOとくとくBB WiMAX
    申込サイト
    乗り換えで最大41,000円キャッシュバック
    3年間で月額料金44,693円相当を割引
    Vision WiMAX
    申込サイト
    10,000円キャッシュバック
    ・月間容量 無制限!
    ・縛りなしプランもあり
    カシモWiMAX
    申込サイト
    ・月々の端末代金0円
    ・通信容量 無制限
    BIGLOBE WiMAX
    申込サイト
    ・初月0円
    ・24ヶ月間月額料金割引
    ・月間データ容量 無制限
    Broad WiMAX
    申込サイト
    ・縛りなしプランもあり
    ・他社違約金最大19,000円還元
    WiMAX +5Gのメリット
    • 月額料金が安くコスパが良い
    • 解約金がない
    • ソフトバンクやワイモバイルのスマホセット割がある

    2021年4月に「WiMAX +5G」が登場し、通信速度はWiMAX史上最速の下り最速2.2Gbpsへと飛躍的に向上しました。

    エリアや端末が良ければ、光回線に匹敵するほどのスピードが期待できるようになっています。

  • WiMAXの比較月額料金事務手数料
    5G CONNECT4,500円~4,400円
    GMOとくとくBB WiMAX初月:1,089円~
    1ヶ月目以降:3,784円~
    3,300円
    Vision WiMAX初月:2,398円~
    1ヶ月目以降:4,400円~
    0円
    カシモWiMAX初月:1,408円
    1ヶ月目以降:4,818円~
    3,300円
    BIGLOBE WiMAX初月:0円
    1ヶ月目以降:3,773円~
    3,300円
    Broad WiMAX初月:1,397円
    1ヶ月目以降:3,773円~
    3,300円
    ※キャンペーンで無料
    スマホセット割対象スマホとセットで1,100~2,250円割引
  • 項目詳細
    測定件数11977件
    平均Ping値47.37ms
    平均ダウンロード速度98.28Mbps
    平均アップロード速度25.15Mbps
    時間帯Ping下り上り
    45.07ms104.03Mbps26.65Mbps
    51.95ms123.49Mbps33.4Mbps
    夕方47.06ms90.82Mbps25.18Mbps
    49.22ms82.01Mbps23.28Mbps
    深夜48.61ms168.67Mbps46.83Mbps
  • サービス契約期間契約解除料
    5G CONNECT縛りなしor2年4,500円
    GMOとくとくBB WiMAX2年0円
    Vision WiMAX縛りなしor2年縛りなし:0円
    2年:5,049円
    カシモWiMAX縛りなし0円
    BIGLOBE WiMAX縛りなし0円
    Broad WiMAX縛りなしor2年縛りなし:0円
    2年:0~4,818円
    カシモWiMAXやBIGLOBE WiMAXには契約期間の縛りがなく、どのようなタイミングで解約しても解除料は発生しません。

    しかし、他のサービスには2年の契約期間が設けられています。

    それぞれ、2年以内の解約で3,872~4,818円の解除料が発生する仕組みです。

    5G CONNECTは、2年の契約期間を終えると自動で縛りなしプランに移行します。

    一方でVision WiMAXとBroad WiMAXの契約期間は、24ヶ月ごとに自動更新されるシステムです。

    つまり、25ヶ月目や49ヶ月目に解約しないと解除料が発生するので注意しましょう。

  • サービス容量
    5G CONNECT無制限
    GMOとくとくBB WiMAX無制限
    Vision WiMAX無制限
    カシモWiMAX無制限
    BIGLOBE WiMAX無制限
    Broad WiMAX無制限
  • サービス取扱端末
    5G CONNECTSpeed Wi-Fi HOME 5G L13:0円
    GMOとくとくBB WiMAXSpeed Wi-Fi HOME 5G L13:27,720円
    Vision WiMAXSpeed Wi-Fi HOME 5G L13:27,720円
    ※一括支払いなら3,300円引き
    カシモWiMAXSpeed Wi-Fi HOME 5G L13:27,720円
    ※分割払いなら0円
    BIGLOBE WiMAXSpeed Wi-Fi HOME 5G L13:27,720円
    Broad WiMAXSpeed Wi-Fi HOME 5G L13:31,680円
  • 項目キャンペーン
    5G CONNECT・30日間お試しモニター
    ・端末代金0円
    GMOとくとくBB WiMAX最大41,000円相当
    (現金)
    3年間で月額料金44,693円相当を割引
    Vision WiMAX10,000円相当
    (現金)
    ・月間容量 無制限!
    ・縛りなしプランもあり
    カシモWiMAX・月々の端末代金0円
    ・通信容量 無制限
    BIGLOBE WiMAX・初月0円
    ・24ヶ月間月額料金割引
    ・月間データ容量 無制限
    Broad WiMAX・2台同時申し込みで5,000円相当
    (現金)
    ・WEB申し込み&クレジットカード払いで、初期費用0円
    ・縛りなしプランもあり
    ・他社違約金最大19,000円還元

    WiMAX +5Gのキャッシュバックでは、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

    公式サイトから申し込むだけで、最大41,000円がキャッシュバックされます。

    さらに、月額料金も最大44,693円割引されるため、合計最大85,693円のキャッシュバックも可能です。

    これだけ大きな額がキャッシュバックされるキャンペーンは珍しいので、ぜひ利用しましょう。

  • auのグループ会社であるUQ WiMAXが運営しているため、auスマホとのセット割があります。

    以前は3日間で15GB以上利用すると速度制限がかかってしまいましたが、現在は撤廃されています。

    そのため他のホームルーター同様、制限を気にせずに使用可能です。

    WiMAX +5Gは窓口が多数あるので、できるだけお得なキャンペーンを見つけて申し込みましょう。

    3年程度利用するつもりという人は、キャッシュバック特典が高額な「GMOとくとくBB」がおすすめです。

SoftBank Air

SoftBank Air(とくとくBB)のキャッシュバックキャンペーン

  • 特徴
  • 料金
  • 速度
  • 縛り
  • 容量
  • 端末
  • 特典
  • 解説
  • SoftBank Airはソフトバンクの通信網を利用したホームルーターです。
    項目キャッシュバック
    モバレコAir
    申込サイト
    29,200円相当
    (現金)
    モバレコAir限定月額キャッシュバック
    GMOとくとくBB
    申込サイト
    39,000円相当
    (現金)
    豪華キャッシュバックキャンペーン
    エヌズカンパニー
    申込サイト
    35,000円相当
    (現金)
    キャッシュバック特典
    SoftBank Airのメリット
    • 初年度の月額料金が安い
    • 解約金がない
    • ソフトバンクやワイモバイルのスマホセット割がある
  • 項目詳細
    モバレコAir500円~/月
    ※基本料金:5,368円/月
    GMOとくとくBB1,980円~/月
    エヌズカンパニー1,980円~/月
    端末料金実質0円
    事務手数料3,300円
    スマホセット割SoftBankのスマホ・携帯とセットで月額1,100円割引
  • 項目詳細
    測定件数211029件
    平均Ping値47.0ms
    平均ダウンロード速度87.23Mbps
    平均アップロード速度8.74Mbps
    時間帯Ping下り上り
    41.26ms118.59Mbps10.32Mbps
    43.47ms87.13Mbps8.71Mbps
    夕方45.41ms81.24Mbps8.65Mbps
    46.95ms77.93Mbps8.79Mbps
    深夜47.19ms120.12Mbps10.0Mbps
  • 項目詳細
    契約期間モバレコAir:なし
    GMOとくとくBB:なし
    エムズカンパニー:記載なし
    契約解除料モバレコAir:0円
    GMOとくとくBB:0円
    エムズカンパニー:記載なし

    SoftBank公式で契約すると2年の契約期間が発生するSoftBank Airですが、モバレコAirやGMOとくとくBB経由での申し込みなら縛りがありません。

    契約期間に縛られたくない人には、モバレコAirやGMOとくとくBBを選びましょう。

  • サービス容量
    モバレコAir無制限
    GMOとくとくBB無制限
    エヌズカンパニー無制限
  • サービス取扱端末
    モバレコAirAirターミナル5:71,280円
    GMOとくとくBBAirターミナル5:71,280円
    エヌズカンパニーAirターミナル5::71,280円
  • 項目キャンペーン
    モバレコAir29,200円
    (現金)
    ・3年間月額料金から割引(総額57,728円)
    ・他社からの乗り換えで違約金&撤去工事費を満額還元
    GMOとくとくBB最大39,000円
    (現金)
    エヌズカンパニー最大35,000円
    (現金)
    ・6ヶ月間月額料金3,388円割引
    ・60歳以上は24ヶ月間月額料金2,288円割引
    ・他社からの乗り換えで、違約金&撤去工事費を還元
    SoftBank Airを代理店経由で申し込むと、高額なキャッシュバックを受け取れます。

    中でもおすすめは「モバレコAir」。

    キャッシュバックの額自体は他2サービスより少ないですが、月額料金の割引額が大きいため、トータルで見るとお得です。

    公式特典の併用も可能なので、せっかくSoftBank Airを契約するならよりお得なモバレコAirを利用すると良いでしょう。

  • SoftBank Airは最初の12ヶ月間は月額料金が3,000円代と、リーズナブルに設定されています。

    ルーター代も実質無料なので、初年度の費用を抑えたい人におすすめです。

    注意点は、速度に対する評価が低いことです。

    実際、平均実効速度は他のホームルーターと比べて遅めの結果が出ました。

    ただ、SoftBank Airも5Gに対応したことで速度が安定しています。

    5G対応エリアの人であれば、速度面もきっと満足できるでしょう。

    ソフトバンク・ワイモバイルとセットで契約するとスマホ代もお得になるため、該当ユーザーの人は通信費用を抑えられますよ。

    なお、SoftBank Airは公式サイト以外にも複数の代理店が提供しています。

    とくとくBBとモバレコAir、どちらも公式サイト以外と比べてキャッシュバックの金額が高く、割引もあるのでお得です。

▲目次に戻る

光回線とホームルーターは目的に合わせて選ぼう

UQWiMAX

光回線とホームルーターの違いを比較し、それぞれのおすすめ回線を紹介しました。

光回線とホームルーターの違いまとめ
  • 設置工事の必要性:導入の手軽さはホームルーターが上
  • 通信速度:通信速度は光回線の方が速い
  • 速度制限:ホームルーターは制限される可能性がある
  • 安定性:光回線の方が安定している

光回線の方が速度や安定感があるので、使用時の満足度は高いでしょう。

一方で、ホームルータ―の手軽さは光回線にはないメリットです。

自宅の工事が難しい人やできるだけ早くネット環境が必要な人には、ホームルーターがおすすめです。

それぞれの特徴を理解し、使用目的や住環境に合った回線を選んでみてください。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
日々インターネット回線の情報をまとめている編集部が、皆さんへベストアンサーを提案していきます。情報が多くて難しい回線の説明ですが、猫を愛でることで誰にでも分かりやすくて読みやすい記事を作成しています。