安い光回線おすすめ10選|戸建て・マンション別に解説

  • 2024年2月27日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
安い光回線おすすめ10選|戸建て・マンション別に解説

光回線は安いだけでは不安ですが、やっぱり少しでも月額料金を抑えて節約したいですよね。

そこで今回の記事では、安くて高品質な光回線おすすめランキングを作成しました。

月額料金の比較はもちろん平均速度も比較していくので、コスパの優れたインターネットを見つけてください。

とはいえ光回線は戸建て向けとマンション向けで契約内容や料金がまったく異なるため、それぞれのおすすめ回線を5つずつランキング形式でまとめました。

メリットだけでなくデメリットも併せて解説するので、使い方にあった回線を選んでみてください。

光回線を安さで選ぶポイント
  • 実際の料金・実質料金をチェック
    ⇒公式サイトの表記はキャンペーン価格の場合もあるので注意!
  • スマホとのセット割を活用しよう
    ⇒台数が多ければ光回線の料金以上にお得に!
  • エリアが対応していれば「auひかり」・「NURO光」がおすすめ
    ⇒独自回線利用で、料金と速度どちらも優秀
  • 光コラボを速度で選ぶなら「とくとくBB(GMO光アクセス)」がおすすめ
    ⇒夜も安定した速度で通信できる!

安い光回線を選ぶ時に気をつけたいポイント

選び方

安いインターネット回線・光回線を選ぶ上で、どこに注目すればよりお得になるのか、3つのポイントに分けて解説します。

スマホとのセット割引を利用する

スマホセット割

光回線を選ぶ際には、契約しているスマホとのセット割を活用することでお得度がグンと増します。

割引額は会社やプランによって異なりますが、最大1,100円の割引になることが多いようです。

しかも家族分も含めた複数台に適用されるため、条件によっては毎月数千円の節約となります。

光回線によっては意外なキャリアとのスマホ割を用意しているケースもあるため、どのスマホがセット割になるのか一度チェックしてみましょう。

セット割があるおすすめ光回線3選
  • auひかり
    au・UQモバイルが最大1,100円割引
  • NURO光
    NUROモバイルが1年間基本料金0円~、ソフトバンクが毎月1,100円割引
  • @TCOMヒカリ
    auが最大1,100円割引、LBMOが最大220円割引

割引を含めた実質料金を計算する

実質料金を比較

光回線の価格は、元々の基本月額料金各種割引適用後の料金の両方を確認するようにしましょう。

安さを売りにしている光回線でも、公式ホームページなどに大きく書かれている料金が実は「実質料金」ということもあります。

つまり、その料金にするためにはキャンペーン適用やオプション加入など、いくつもの条件をクリアしなければならないわけです。

  • 元々の基本月額料金
  • 各種割引適用後の料金

この両方の金額を確認した上で、「自分にとって本当の最安光回線」を見つけましょう。

また、光回線の契約には利用料金以外にもさまざまなお金がかかります。

  • 工事費
  • 違約金
  • オプション料金

上記料金も必ず考慮しましょう。中でも、工事費無料には要注意です。

「工事費実質無料」は、分割支払いにした工事費を毎月の月額料金から割引するシステムになっています。

中には、契約期間の途中で解約してしまうと残額請求が一括で発生する場合もあるようです。

一方ドコモ光のように、「工事費完全無料」の場合は途中解約した場合も工事費を請求されることはありません。

特に、工事費が高額な回線ほど途中解約時の請求額が大きくなるため、「実質無料」なのか「完全無料」なのか確認が必要です。

他にも新規工事が必要なのか、転用・事業者変更(フレッツ光コラボの場合)で済むのか、何年利用するつもりなのかなど、予定を立てて実質金額を計算しましょう。

実質料金が安いおすすめ光回線3選
  • auひかり:3年間の実質月額2,104円~
  • NURO光:3年間の実質月額2,942円~
  • @nifty光:3年間の実質月額2,962円~

※料金は戸建て向けを想定

通信速度と安定性も重視する

通信速度

料金重視だとしても、通信速度は比較の際に必ずチェックしましょう。

料金にほとんど差がないのであれば、より速度が安定している回線を選んだ方が満足度は高いためです。

通信速度については公式サイトの理論値だけでなく、実際の利用者の口コミも参考にしながら判断してみてくださいね。

通信速度が安定しているおすすめ光回線3選

戸建てで安い光回線コスパ比較ランキング

戸建て

上記の選び方のポイントを踏まえて、戸建て向けのおすすめ光回線を一挙ご紹介します。

戸建て向け光回線おすすめランキング

コスパのよいauひかり・NURO光は、どちらも独自回線を利用しているため、速度面もとても優秀です。

それぞれauひかり⇒au、NURO光⇒ソフトバンク・NUROモバイルのスマホセット割があるので、利用中のスマホに合わせて選ぶのもよいでしょう。

ただし、どちらも全国展開はしておらず、対応エリアが限られています。

残念ながら利用エリア外という人は、3位以降の3回線から選んでみてください。

光回線名順位実質月額料金
(3年利用時)
月額料金事務手数料キャッシュバック
auひかり
auひかり
1位2,104円5,390円3,300円83,000円
(auひかり電話加入の場合)
NURO光
NURO光
2位2,942円5,200円3,300円45,000円
@nifty光
@nifty光
3位2,962円5,720円3,300円45,000円分のニフティポイント
@TCOMヒカリ
@TCOMヒカリ
4位3,491円5,610円3,300円最大55,000円
とくとくBB光
とくとくBBひかり
5位4,771円4,076円3,300円5,000円

とくとくBB光の実質料金は高く感じますが、乗り換えの場合はキャッシュバックが50,000円と高額になるため、乗り換えの人にはおすすめにはおすすめです。

実質料金の計算方法・注釈
  • 工事費は3年間で実質無料になる想定です。
  • スマホセット割は光回線の料金を割引するものではありませんが、割引額が高額かつ光回線の優位性を表す指標となるため計算に入れています。
  • ポイント還元や商品券でのキャッシュバックも割引として追加しています。
  • ルーターのレンタル代や無料サポートは、利用しない方もいるので計算に入れていません。
  • 乗り換え解約違約金負担は対象者によって金額に差があるため、計算には入れていません。
  • 乗り換え解約違約金負担や工事費無料に関しては、利用者によっては実質料金よりも重要になる場合が有るので注意して確認をしてください。

マンションで安い光回線コスパ比較ランキング

マンション

続いて、マンションでの利用におすすめの光回線についてまとめます。

マンション向け光回線おすすめランキング

マンションタイプなら、実質料金2~3,000円で高速通信ができるauひかり・NURO光がおすすめです。

しかしマンションタイプの光回線は、マンションに回線が敷設されていないと使えません。

auひかり・NURO光などは速度も料金も優秀ですが、自分の家だけには即時導入できないのが難点です。

一方NTT東日本・NTT西日本の設備を使うフレッツ光コラボ回線(@niftyひかり、@TCOMヒカリ、とくとくBB光)であれば、比較的導入しやすいでしょう。

なお、マンションによっては戸建ての回線を独自に導入することも可能です。

まずは、住んでいるマンションの光回線の状況を調べてみてくださいね。

光回線名順位実質月額料金
(3年利用時)
月額料金事務手数料キャッシュバック
NURO光
NURO光
1位387円2,090円~3,300円45,000円
auひかり
auひかり
2位454円3,740円~3,300円82,000円
(auひかり電話加入の場合)
@TCOMヒカリ
@TCOMヒカリ
3位2,061円4,180円3,300円40,000円
@nifty光
@nifty光
4位1,703円4,378円3,300円30,000円もしくは月額料金実質1年分のニフティポイント
とくとくBB光
とくとくBBひかり
5位3,383円3,430円3,300円5,000円

とくとくBB光の実質料金は高く感じますが、乗り換えの場合はキャッシュバックが50,000円と高額になるため、一番おすすめです。

実質料金の計算方法を確認する

安いおすすめ光回線の詳細

詳しく解説

ここからは、今回のランキングで紹介した安くておすすめの光回線をより深掘りしていきます。

それぞれの光回線にどんなメリット・デメリットがあるのかを踏まえて、その会社ならではの特徴や強みをまとめました。

auひかり

auひかり(GMOとくとくBB)のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説

NURO光

NURO光キャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説

@nifty光

@nifty光のキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金4,125円~2,655円~
    最大通信速度・最大1Gbps
    ・最大10Gbps
    平均実効速度218.15Mbps
    事務手数料3,300円
    工事費実質無料
    キャンペーン30,000円キャッシュバックもしくは48,333円分のニフティポイント
    ※3年プラン(N)のみ
    ・モバイルWi-Fi「@nifty つなぎモバイル」開通まで無料
    セット割・UQ mobile:最大月額1,100円割引
    ※@nifty光電話サービスの申し込みも必須条件
    契約期間2年・3年
    違約金4,840円3,630円
    詳細申込サイト
    • 特典ポイントで月額料金を支払える
    • モバイルWi-Fi「@nifty つなぎモバイル」が開通まで無料
    • ルーターのレンタルが有料
    • 速度はそこまで速くない
  • @nifty光は3年プラン(N)の契約特典として、30,000円キャッシュバックもしくは48,333円分のニフティポイントプレゼントを用意しています。

    どちらか一方しか選べないものの、どちらを選んだとしてもお得ですよね。

    ただし、通信速度が他の回線と比べるとやや劣るのがデメリットです。

    それでも平均実効速度200Mbps以上は出ているので、家庭用であればストレスを感じることはあまりないでしょう。

とくとくBB光(GMO光アクセス)

とくとくBB光のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金4,818円3,773円
    最大速度最大1Gbps
    平均速度
    (下り)
    236.49Mbps
    手数料3,300円
    工事費実質無料
    特典全員5,000円キャッシュバック
    他社違約金保証最大60,000円キャッシュバック
    オプション加入で最大24,000円増額
    Wi-Fiルーターレンタル無料
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • 月額料金が安い
    • 高額キャッシュバクで更にお得
    • Wi-Fiルーターのレンタル0円
    • セット割対象のスマホがない
    • 工事費実質無料は36ヶ月利用した場合に限る
  • とくとくBB光(GMO光アクセス)は、NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線とGMOとくとくBBのプロバイダがセットになったサービスです。

    戸建てでも5,000円以下というリーズナブルさは見逃せません。

    その他、工事費用やWi-Fiルーターのレンタル料なども、条件を満たせば無料となります。

    2年目以降も支払い金額が変わらず解約金・違約金もないため、長期間使いたい人におすすめです。

    ただし、工事費を実質無料にするためには最低でも36ヶ月の利用期間が必要となります。

    フレッツからの転用であれば工事費はかかりませんが、初めてNTTフレッツ光を導入する人は最低3年間は使うつもりで契約しましょう。

@TCOMヒカリ

@TCOMヒカリのキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金5,610円〜4,180円〜
    最大通信速度・最大1Gbps
    ・最大10Gbps
    平均実効速度240.12Mbps
    事務手数料3,300円
    工事費実質無料
    キャンペーン40,000円キャッシュバックもしくは50,000TLCポイント進呈
    ・基本工事費 実質無料
    ・事務手数料無料
    セット割・au:最大月額1,100円割引
    ・LIBMO:最大月額220円割引
    ・UQ mobile:最大月額858円割引
    ※UQ mobileはヒカリ電話の申し込みも必須条件
    契約期間2年
    違約金3,300円2,200円
    詳細申込サイト
    • サポートが充実していて安心
    • スマホとのセット割あり
    • キャッシュバックの受け取りまで時間がかかる
    • 勧誘電話への悪い口コミが多い
  • @TCOMヒカリはフレッツ光コラボの光回線です。

    戸建てでも5,610円とリーズナブルに利用できるだけでなく、お得な特典まで用意されています。

    特典は40,000円キャッシュバックもしくは50,000TLCポイントの、好きな方を選択可能です。

    TLCポイントはWAONポイントやnanacoポイントなどへの交換が可能なので、どちらを選んでもお得ですね。

    基本工事費も実質無料で、「フレッツ光ネクスト」提供エリアであれば全国どこでも利用できます。

    デメリットを挙げるとすると、キャッシュバックを受け取るまでの期間の長さでしょう。

    開通月を1ヶ月目とし、7ヶ月後の下旬に進呈予定とされています。

    すぐに受け取れるわけではないので、特典を気長に待てる人にはおすすめできる光回線です。

安いおすすめ光回線の料金を一覧で比較

お得

ここからは、今回紹介した光回線の中で特に安くておすすめしたい光回線の料金を、一覧で比較します。

光回線名月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
工事費事務手数料解約手数料詳細
auひかり
auひかり
5,390円
3年利用時の実質料金:2,104円
3,740円~
3年利用時の実質料金:454円
実質無料3,300円2,290円~申込サイト
NURO光
NURO光
5,200円
3年利用時の実質料金:2,942円
2,090円~
3年利用時の実質料金:387円
実質無料3,300円3,740円~申込サイト
@nifty光
@nifty光
5,720円
3年利用時の実質料金:2,962円
4,378円
3年利用時の実質料金:1,703円
実質無料2,200円3,630円~申込サイト
@TCOMヒカリ
@TCOMヒカリ
5,610円
3年利用時の実質料金:3,491円
4,180円
3年利用時の実質料金:2,061円
実質無料3,300円2,200円~申込サイト
とくとくBB光
とくとくBBひかり
4,818円
3年利用時の実質料金:4,771円
3,430円
3年利用時の実質料金:3,383円
実質無料3,300円0円申込サイト

実質料金の計算方法を確認する

光回線の料金はどこも同じぐらいな印象があるかもしれませんが、一覧で比較すると実はかなり幅があることが分かりますね。

今回紹介した光回線だけでも、3年間の実質料金で換算すると約5万円もの開きがあります。

注目は、戸建て、マンションどちらも高額キャッシュバックのあるauひかり

実質料金で比較すると、圧倒的にお得です。

単純な月額料金はもちろん、今後何年利用するかによって実質料金は変わってくるので、数年スパンで計画を立てて比較するのが良いでしょう。

また、スマホセット割が適用できれば、1回線だけでも1年間で12,000円、3年間で36,000円の節約となります。

スマホとのセット割は、ぜひ利用したいサービスです。

安いおすすめ光回線の速度を一覧で比較

通信速度比較

たとえ料金が安くても、回線速度が遅くては意味がありません。

今回おすすめしている光回線は、料金面だけでなく速度面でも評価の高いものばかりですが、中でも一番速いのはどこなのかを確認しましょう。

理論値ではどれも最大1Gbps(もしくは2Gbps)なので、今回は「みんなのネット回線速度(みんそく)」のデータを参考に一覧で比較しました。

平均速度はもちろん、混雑しやすい夜間の速度の違いにも注目してみてください。

光回線名平均実効速度
(ダウンロード)
夜の平均実効速度最大通信速度詳細
auひかり
auひかり
500.66Mbps454.61Mbps最大1Gbps申込サイト
NURO光
NURO光
582.88Mbps562.86Mbps最大2Gbps申込サイト
@nifty光
@nifty光
229.65Mbps220.35Mbps最大1Gbps申込サイト
とくとくBB光
とくとくBBひかり
231.59Mbps196.97Mbps最大1Gbps申込サイト
@TCOMヒカリ
@TCOMヒカリ
271.93Mbps220.78Mbps最大1Gbps申込サイト

実効速度引用元:みんなのネット回線速度(みんそく)

料金と同じく、速度でもauひかりNURO光が群を抜いていることが分かります。

ただ、auひかりとNURO光は独自回線であるため、サービス提供エリア外に在住している人もいるでしょう。

auひかり・NURO光のサービス対象外エリアの人におすすめしたいのは、とくとくBB光(GMO光アクセス)です。

独自回線の2社に比べると劣るものの平均実効速度が比較的高く、夜間でもそこまで速度が落ちません。

▲目次に戻る

光回線を料金重視で選ぶならスマホセット割を活用しよう

光回線

光回線を安さで選ぶポイント
  • 実際の料金・実質料金をチェック
    ⇒公式サイトの表記はキャンペーン価格の場合もあるので注意!
  • スマホとのセット割を活用しよう
    ⇒台数が多ければ光回線の料金以上にお得に!
  • エリアが対応していれば「auひかり」・「NURO光」がおすすめ
    ⇒独自回線利用で、料金と速度どちらも優秀
  • 光コラボを速度で選ぶなら「とくとくBB(GMO光アクセス)」がおすすめ
    ⇒夜も安定した速度で通信できる!

今回は、料金に注目して安い光回線の選び方・おすすめの光回線ランキングをまとめました。

元々の料金設定や特典・キャンペーンも重要ですが、スマホセット割の有無も意外と料金を左右する大きなポイントとなります。

適用される台数が多ければ毎月数千円単位でお得になるので、スマホセット割を活用できる光回線を第一候補にして選んでみてください。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
日々インターネット回線の情報をまとめている編集部が、皆さんへベストアンサーを提案していきます。情報が多くて難しい回線の説明ですが、猫を愛でることで誰にでも分かりやすくて読みやすい記事を作成しています。