オンラインゲームにおすすめな光回線10選|最強のゲーミング回線を調査

  • 2024年2月28日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
オンラインゲームにおすすめな光回線10選|最強のゲーミング回線を調査

今回の記事では、オンラインゲームをプレイする人におすすめの光回線10選をランキング形式で紹介します。

本格的なオンラインゲームは、高速の光回線なしでは満足にプレイできません。

しかも速い光回線ならどれでも良いわけではなく、安定感や遅延(ラグ)の少なさなども通常よりシビアな基準で選ぶ必要があります。

記事内ではおすすめの回線を紹介するだけでなく、オンラインゲーム向けの光回線の選び方についても徹底解説!

ハイスコアを狙いたい人はぜひチェックしてみてください。

ゲーム向け光回線おすすめ比較ランキング

順位サービス月額(戸建て)平均下り速度詳細
1位auひかり
auひかり
5,390円~500.66Mbps申込サイト
2位NURO光
NURO光
5,200円582.88Mbps申込サイト
3位おてがる光
おてがる光
4,708円262.92Mbps申込サイト
4位ソフトバンク光
ソフトバンク光
5,720円293.57Mbps申込サイト
5位So-net光プラス
So-net光プラス
6,138円230.03Mbps申込サイト
6位とくとくBB光
とくとくBBひかり
4,818円231.59Mbps申込サイト
7位地方回線3,780円~720.85Mbps各回線を確認

オンラインゲームにおすすめな光回線をランキングするにあたり、下記の項目を比較しています。

速度に関する項目を重要視しつつ、実質的な月額料金とのコストパフォーマンスを全光回線の相対的に評価しています。

利用者の評判や口コミは悪いものに偏る傾向にあるため、あくまで参考程度に評価しています。

ランキングはあくまで総合的に見た評価となり、利用者の地域・利用用途によっては必ずしも当てはならないことがありのでご留意ください。

記事の監修者
DXHUBロゴ

JP SMART SIMを提供するDXHUB株式会社が監修を担当しています。
監修者・編集者の詳細はこちら。
コンテンツ制作に関するポリシーはこちら。

※記事内の金額は原則「税込」表記となります。
目次

オンラインゲーム向け光回線の選び方

まずは、オンラインゲーム向けの光回線を選ぶ際にどんな数値と条件を見て選べば良いのか解説します。

光回線を比較する際には、以下3つの基準に注目してみましょう。

それぞれの項目について、詳しく解説します。

Ping値15ms以下

Ping値とは

Ping値(ピン値)とは、インターネットの応答速度を表す数値です。

情報が送信されてから受信するまでのタイムラグを示しているため、数字が0に近いほど通信の遅れ=ラグがないことになります。

意外かもしれませんが“ユーザーの体感する速度に近い指標”は、回線速度よりもむしろPing値の方です。

オンラインゲーム、特にFPSゲームではコンマ1秒のズレが勝敗を左右すると言っても過言ではありません。

そのため、Ping値は大きくても50ms以下、できれば15ms以下を下回っている回線が望ましいでしょう。

平均回線速度300Mbps以上

通信速度比較

Ping値が応答速度を示すのに対して、回線速度は1秒間に通信可能なデータ容量を示しています(~bit per second=1秒間に~bitのデータを通信可能の意味)。

回線速度の数値が大きければ大きいほど、一度に大量のデータをやり取りできるということです。

たとえばスマホを使ったモバイルデータ通信の場合、大手キャリアは100Mbps前後の数値となります。

100Mbpsは一般的な利用方法であればストレスなく通信できる数値ですが、オンラインゲームの場合は300Mbps以上の回線速度は欲しいところです。

なお、多くの光回線で回線速度が「1Gbps」と表記されていますが、これはあくまでも最大回線速度なので、通信環境や接続時間帯によって実測値は大きく変わります。

速度をリサーチしたい場合は、利用者の口コミ情報を元にした「実測値」を確認し、300Mbps以上を目安に選びましょう。

オンラインゲーム専用帯域オプションがある

専用帯域

どんなに回線速度が速くてPing値が低い光回線でも、同時に利用している人数が多い時間帯は残念ながら速度が低下してしまいます。

しかしご安心ください。

最近は、混雑する時間帯でも高速通信ができる「専用帯域オプション」を提供する光回線が増えてきています。

中でも注目はGameWith光です。

GameWith光はゲームサーバーまでの経路を短縮してPing値を可能な限り低く抑える、オンラインゲームに特化した接続方式を採用しています。

「専用帯域オプション」にしてもGameWith光にしても料金は一般的な光回線より高くなってしまいますが、価格相応のパフォーマンスは期待できるでしょう。

オンラインゲームにおすすめの光回線7選

おすすめランキング

まずは、通常利用でも人気の高い光回線の中からオンラインゲームにおすすめの光回線を紹介します。

オンラインゲームにおすすめの光回線7選
  • 1位:auひかり
    auひかり

    独自回線で混雑しにくい!キャッシュバックも高額
  • 2位:NURO光
    NURO光

    最大2Gbpsの独自回線で、実測平均500Mbps超え
  • 3位:おてがる光
    おてがる光

    IPv6対応で混雑時も快適!コスパの良い回線
  • 4位:ソフトバンク光
    ソフトバンク光

    全国広域で利用できる安定回線
  • 5位:So-net光プラス
    So-net光プラス

    「サクサクスイッチ」オプションで専用帯域使用可
  • 6位:とくとくBB光
    とくとくBBひかり

    充実したキャッシュバックキャンペーンが魅力!
  • 7位:各種地方回線
    地域限定なので混雑しづらく回線速度が速い

独自回線のauひかり・NURO光は、どちらも500Mbps前後の回線速度でPing値も低く、オンラインゲームでの利用におすすめの回線です。

ただしこの2回線はまだ提供エリアが限られているため、全国的に利用できるわけではありません。

エリア対象外で利用できない人は、おてがる光やソフトバンク光といった、フレッツ光コラボの回線の中でもコスパ・速度で定評のある回線から選びましょう。

So-net光プラスは、料金設定が高めですがキャッシュバックで相殺可能です。「サクサクスイッチ」オプションを利用すれば混雑も避けられます。

また、地域限定サービスなのですべての人におすすめできるわけではありませんが、eo光・ピカラ光といった西日本の地方回線も、高速通信が可能です。

専用帯域のあるゲーミング回線3選

オンラインゲーム

先に紹介した7選は、ゲームに限らずさまざまな用途を想定した光回線でした。

ここからは、ラグが最小限であることと高速な回線が求められていることを想定したオンラインゲーム向けの光回線を紹介します。

専用帯域のあるゲーミング回線3選

上記3つは、Ping値をできるだけ抑えられるよう考えられたゲーミング特化の光回線・オプションです。

混雑を避けるための専用帯域を用意したり、ゲームサーバーへの接続経路を短縮したりと、オンラインゲームを快適にプレイすることを目的として提供されています。

中でも注目はGameWith光です。

1ギガプランや10ギガプランだけでなく、さらに速いProプランも選べるGameWith光は、究極の速度を求める人におすすめ!

また、ゲーミング用のWi-Fiルーターがレンタルできるhi-hoひかり with gamesなら、機器を揃えるための初期投資を抑えられるでしょう。

ドコモ光のオプションであるドコモ光GGGG光オプションは、全国広範囲で利用できるため気軽に試しやすいゲーム用オプションです。

オンラインゲームにおすすめの光回線を解説

詳しく解説

ランキングで紹介した回線を1つずつ詳しく解説します。

1位:auひかり

auひかり(GMOとくとくBB)のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説

2位:NURO光

NURO光のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金5,200円2,090円~
    最大速度最大10Gbps
    平均速度
    (下り)
    662.77Mbps
    手数料3,300円
    工事費実質無料
    特典・戸建て45,000円キャッシュバック
    ・マンション25,000円キャッシュバック
    ・乗り換え解約違約金最大60,000円還元
    ・オプション加入で最大25,000円増額
    ・最大2ヶ月間の解約金完全無料
    セット割・ソフトバンク:最大月額1,100円割引
    ・NUROモバイル:1年間スマホ代0円~
    契約期間3年3年
    違約金3,850円528円
    契約申込サイト申込サイト
    • ゲーム特化型並みの低Ping値
    • 独自回線で混雑しづらい
    • 提供エリアが全国ではない
    • 開通工事が完了するまでに時間がかかる
  • NURO光も、auひかりと同じく独自回線を用いた光回線です。

    auひかりよりも対応エリアは狭いですが、速度・Ping値共に非常に優秀で、ゲーム特化型を選ぶ必要のない通信速度を期待できます。

    NURO光の平均Ping値は以下の通りです。

    時間帯Ping値
    11.82ms
    11.83ms
    夕方11.23ms
    13.1ms
    深夜11.41ms

    ほとんどの時間帯で12msを下回っていますね。

    ただし、工事費用が高額で工事完了まで時間がかかる点には注意が必要です。

    また、速度やPing値は優秀なのですが、地域によってはラグが酷いという口コミも投稿されています。

    どの光回線でも悪い口コミはあるので、回線選びの参考程度に一度目を通しておくと安心かもしれません。

    悪い口コミの一例

3位:おてがる光

おてがる光

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金4,708円3,608円
    最大速度最大10Gbps
    平均速度
    (下り)
    267.27Mbps
    手数料3,300円
    工事費実質無料
    特典・初月無料
    ・1年間550円割引
    ・工事費が実質無料
    ・10ギガプランの月額料金が割引
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • 契約期間の縛りがなくコスパが良い
    • 光コラボ回線の中では比較的安定している
    • 高速通信を利用するにはオプション料金がかかる
    • 夜になると速度が遅くなりがち
  • おてがる光は、NTT東日本・西日本のフレッツ光回線を利用した光コラボレーションです。

    契約期間の縛りなし&低価格を実現した、おてがるに利用できる光回線となっています。

    速度面でもフレッツ光コラボの中では優秀な回線なので、Ping値の平均を見てみましょう。

    時間帯Ping値
    16.18ms
    13.89ms
    夕方18.73ms
    20.19ms
    深夜17.15ms

    夜は少しPing値が高くなっていますが、どの時間帯も20ms以下ですね。

    フレッツ光コラボの中には、最大10Gbpsの高速通信ができる「フレッツ光クロス」もあり、おてがる光でも利用可能です。

    対応エリアは限られていますが、時間帯を問わず快適にプレイしたい場合はぜひ併せて検討してみてください。

4位:ソフトバンク光

ソフトバンク光代理店エヌズカンパニーのキャッシュバック

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説

5位:So-net光プラス

So-net光プラスのキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金6,138円4,928円
    最大速度最大1Gbps最大1Gbps
    平均速度
    (下り)
    233.3Mbps
    手数料3,500円
    工事費実質無料
    特典50,000円キャッシュバック
    ・開通工事費(26,400円分)割引
    セット割NUROモバイル:
    1年間スマホ代0円~
    au・UQモバイル:
    最大1,100円割引
    契約期間2年
    違約金戸建:4,580円
    マンション:3,480円
    詳細申込サイト
    • オプションで速度の安定している専用帯域が使える
    • 新規回線ならキャッシュバックが高額でお得
    • 2年以上継続利用すると割高になる
    • 高速化オプションは有料
  • So-net光プラスは月々6,138円とやや高めの値段設定ですが、高額キャッシュバックがあるので、実質料金だと他サービスと変わりありません。

    キャッシュバック金額は新規回線なら最大50,000円、のりかえでも最大40,000円です。

    Ping値もどの時間帯でも15ms前後となっているため、安定したプレイが可能でしょう。

    So-net光プラスの平均Ping値は以下の通りです。

    時間帯Ping値
    16.51ms
    14.55ms
    夕方15.83ms
    16.09ms
    深夜16.1ms

6位:とくとくBB光

とくとくBB光のキャッシュバックキャンペーン

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 項目戸建てマンション
    月額料金4,818円3,773円
    最大速度最大1Gbps
    平均速度
    (下り)
    236.49Mbps
    手数料3,300円
    工事費実質無料
    特典全員5,000円キャッシュバック
    他社違約金保証最大60,000円キャッシュバック
    オプション加入で最大24,000円増額
    Wi-Fiルーターレンタル無料
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    詳細申込サイト
    • お得なキャンペーンが豊富でコスパが良い
    • Wi-Fiルーターの無料レンタルがある
    • 回線性能は他の回線と比べて劣る
    • 特に夜間のPing値が高く遅延がある
  • とくとくBB光は、さまざまなインターネットサービスのプロバイダを運営中の「とくとくBB」が提供するフレッツ光コラボ回線です。

    キャッシュバックやWi-Fiルーター無料レンタルなど、特典が充実しているのが特徴です。

    特にキャッシュバックは全員32,000円、さらに他社からの乗り換えなら40,000円と、オプション加入無しでもらえるキャッシュバックとしてはかなり高額!

    戸建て・マンション共に料金も安めなので、コスパ重視の人におすすめです。

    ただし、速度については特に速いということはなく、Ping値も時間帯によってかなりムラがあります。

    とくとくBB光の平均Ping値は以下の通りです。

    時間帯Ping値
    19.69ms
    17.97ms
    夕方20.13ms
    20.94ms
    深夜18.49ms

    速度重視であれば、他の回線も検討してみてください。

7位:各種地方回線

エリア

西日本(東海・関西・中国・四国・九州地方)では、地域限定の地方回線が発展しています。

地方回線は独自回線を利用している上に全国対応の光回線に比べて利用者数が限られていることもあり、通信速度が速く混雑もしにくい高性能な回線が揃っています。

各地方回線の平均Ping値は以下の通りです。

時間帯コミュファ光eoひかりBBIQピカラ光メガエッグ
15.18ms14.54ms25.08ms20.71ms21.5ms
14.71ms15.2ms23.65ms17.49ms20.5ms
夕方14.47ms15.0ms24.17ms18.8ms21.44ms
14.52ms14.95ms24.85ms18.0ms21.01ms
深夜13.55ms14.48ms 23.62ms17.98ms23.17ms

特にコミュファ光、eo光はPing値が安定して低いです。

10ギガを導入している会社が多いため、グレードアップも容易です。

料金も安めに設定されていることがほとんどなので、対象地域の人はぜひチェックしてみてください。

人気の高い地方回線一覧

各地方回線の基本情報は以下の通りです。

光回線コミュファ光
コミュファ光
eo光
eo光
BBIQ
BBIQ
ピカラ光
 ピカラ光
メガエッグ光
MEGA EGG
詳細申込サイト申込サイト申込サイト申込サイト申込サイト
提供エリア東海関西九州四国中国
通信速度最大1Gpbs
最大10Gbps
最大1Gpbs
最大5Gpbs
最大10Gbps
最大1Gpbs
最大6Gpbs
最大10Gbps
最大1Gpbs
最大10Gbps
最大1Gpbs
月額料金1ギガ:戸建5,170円
1ギガ:マンション4,070円
10ギガ:5,940円
1ギガ:1年目2,380円~
1ギガ:2年目5,448円
5ギガ:1年目2,380円~
5ギガ:2年目5,960円
10ギガ:1年目980円~
10ギガ:2年目6,530円
※マンションは非公開
1ギガ:戸建3,780円~
1ギガ:マンション1,910円~
6ギガ:4,550円~
10ギガ:2,900円~
1ギガ:戸建4,950円~
1ギガ:マンション3,740円~
10ギガ:戸建6,600円
10ギガ:マンション5,390円
戸建:5,720円
マンション:4,070円~
工事費実質無料実質無料実質無料0円実質無料
契約事務手数料実質無料3,300円880円0円3,300円

地方回線のメリット・デメリットをまとめたのでご紹介しましょう。

地方回線のメリット
  • 独自回線で速度が安定している
  • 独自回線でもauひかりやNURO光より安い
地方回線のデメリット
  • 対応エリアが限定的
  • ゲーム用に特化した回線はない

専用帯域のあるゲーミング回線を解説

ここからは、オンラインゲーム専用帯域が使えるゲーム特化型の光回線を紹介します。

専用帯域1位:GameWith光

GameWith光

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 光回線GameWith光
    プラン1Gプラン10GプランProプラン
    通信速度最大1Gpbs最大10Gbps最大10Gbps
    月額料金戸建:6,160円
    マンション:4,840円
    7,370円19,800円
    工事費最大19,800円最大19,800円67,320円
    契約事務手数料2,200円3,300円3,300円
    契約期間2年間2年間2年間
    解約手数料なし7,370円19,800円
    機能・専用帯域での通信
    ・ゲームサーバーまでの経路を短縮
    ・専用帯域での通信
    ・ゲームサーバーまでの経路を短縮
    ・光ファイバーごと専有
    ・サービス品質保証
    提供エリア全国東京/神奈川/千葉/埼玉
    大阪/和歌山/京都/奈良/滋賀/兵庫/愛知/静岡/岐阜/三重
    (フレッツ光クロス提供エリア)
    東京都
    神奈川県
    愛知県
    大阪府
    詳細申込みサイト
    • サーバーまでの経路短縮でPing値を低く抑えている
    • 専用帯域を使用できるゲーム専用プランがある/li>
    • クロスパスに対応したWi-Fiルーターが必要
    • Proプランは月々の料金が高額
  • GameWith光は、国内最大級のゲームメディアの運営企業が手掛ける光回線サービスです。

    フレッツ光・フレッツ光クロスを利用した光コラボ回線とは別に、光ファイバーごと専有する特別仕様の光回線「Proプラン」を提供しています。

    地域限定で提供されているプランではありますが、通信品質の保証もあるプロゲーマー向けプランです。

    GameWith光が優れている点は、ゲームサーバーまでの経路を短縮することでPing値を低く抑えている点でしょう。

    ゲームサーバーまでに経由する機器を最小限にすることで、ラグを可能な限り抑えることに成功しています。

    また、GameWith光ではGameWith光ユーザー専用の帯域を確保し、ユーザー人数が増えたときは新たな帯域を確保する仕組みがあるため安心です。

専用帯域2位:hi-hoひかり with games

hi-hoひかり with games

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • 光回線hi-hoひかり with gameshi-hoひかりクロス with games
    通信速度最大1Gpbs最大10Gbps
    月額料金戸建:6,160円(ルーターセット:7,360円)
    マンション:4,840円(5,940円)
    7,590円
    工事費戸建:19,800円
    マンション:16,500円
    戸建:19,800円
    マンション:16,500円
    契約事務手数料3,300円3,300円
    契約期間2年間2年間
    解約手数料戸建:5,600円
    マンション:4,400円
    6,900円
    提供エリア全国東京/神奈川/千葉/埼玉
    大阪/和歌山/京都/滋賀/兵庫/愛知/静岡/岐阜
    (フレッツ光クロス提供エリア)
    詳細申込みサイト
    • 専用帯域なので混雑しない
    • ゲーミング専用ルーターをレンタルできる
    • キャッシュバック特典がない
    • 工事費が実質無料にならない
  • hi-hoひかり with gamesは、プロバイダのhi-hoが提供するゲーム専用の光回線です。

    最大1Gpbsの「hi-hoひかり with games」と、最大10Gbpsの「hi-hoひかりクロス with games」があります。

    回線性能はルーターの性能に大きく左右される特性があるのですが、hi-hoひかり with gamesはゲーム専用の帯域で利用できる専用ルーターのレンタルを実施!

    ルーターとのパックプランを選択することですぐに高速通信を体感できるので、安心です。

    フレッツ光回線を利用しているため、ゲーム専用回線としては価格も高すぎず、導入しやすいゲーム専用光回線と言えるでしょう。

専用帯域3位:ドコモ光GGGG光オプション

ドコモ光GGGG光オプション

  • 基本情報
  • メリット
  • デメリット
  • 解説
  • ドコモ光(PLALA)GGGGオプション
    月額料金ドコモ光(1ギガ):5,720円
    ドコモ光(10ギガ):6,380円
    GGG光オプション990円(最大2ヶ月無料)
    通信速度最大1Gbps/
    最大10Gbps
    契約事務手数料3,300円
    工事費戸建て:19,800円
    集合住宅:16,500円
    詳細申込みサイト
    • ゲーミング専用設計でパケロスを防止できる
    • 10ギガで利用するとより高速・低遅延で通信可能
    • 初回は最大2ヶ月無料でお試し可能
    • 「ドコモ光×Plala」の契約が必須
    • システムに対応したルーターが必要
  • ドコモ光GGGG光オプションは、ドコモ光のプロバイダのひとつである「ぷらら(Plala)」が提供するゲーム用オプションサービスです。

    単体で申し込むのではなく、ドコモ光のプロバイダとしてぷららを契約する際に、月額990円の「GGGG光オプション」に加入することで利用できます。

    パケロスを防止し、ユーザーの多い大手ゲームタイトルのサーバーへの経路を短縮化

    ゲームで使用する際のラグを大幅に軽減できます。

    全国ほとんどの地域で利用できる点も魅力のひとつです。

    ドコモ光GGGG光オプションを利用した平均Ping値を見ていきましょう。

    時間帯Ping値
    16.47ms
    20.82ms
    夕方16.55ms
    12.52ms
    深夜18.51ms

    特に夜の時間帯では12.52msと、通常の光回線はなかなか見ることのできない数値が出ています。

    夜間にゲームをプレイすることが多い人には、特におすすめです。

速度が速くてもラグが発生するのはなぜ?

選択

速度の速い光回線を選んでも、いざオンラインゲームを始めるとラグが発生したり、速度が遅く感じたりするケースも珍しくありません。

実は、通信のラグが引き起こされる要因は“通信回線の種類だけではない”ためです。

使用する機器や接続方法など、他の要素を改善するだけで一気に速度がアップすることも。

光回線の速度が思ったほど上がらないと感じている人は、次の5つのポイントをチェックしてみてください。

無線ではなく有線で接続する

光回線

光回線は、無線接続(Wi-Fi接続)にすると安定性が下がり、Ping値も上がります。

そのため、周囲の機器や障害物の影響を受けにくい有線接続にすることで、速度が改善する可能性があるでしょう。

有線接続にする際には、後で説明するようにLANケーブルの規格を新しくするのも効果的です。

接続するにあたりPC・ルーターの位置調整が必要となるデメリットもありますが、安定性を考えれば確実に有線がおすすめです。

有線LANを隠すためのハブや専用グッズも多く販売されているので、景観を気にする人はぜひ活用してみてください。

ネットワーク機器の不具合・故障が無いか確認する

修理

通信速度には問題ない中でラグが発生する原因として、ルーターやONU(光回線の終端装置)の不具合・故障が考えられます。

まずは一度、それぞれの機器を再起動してみてください。

また、古いルーターやONUを使っているとラグの原因となってしまうため、買い替えの検討もおすすめです。

光回線によってはONUを交換してくれる可能性があるので、問い合わせてみても良いでしょう。

LANケーブルの規格(カテゴリ)を新しくする

ルーター

有線接続に使用しているLANケーブルが古い、もしくは劣化している場合もラグの原因となり得ます。

同じLANケーブルを長く使用している人は、一度取り替えてみると良いでしょう。

また、LANケーブルは、通信速度の違いによって規格(カテゴリ)が分かれていて、数字が大きいほど通信速度が速くなります。

安定した通信を行いたい場合にはカテゴリ6以上のLANケーブルがおすすめです。

さらに、10ギガに対応しているのはカテゴリ6よりも上の「カテゴリ6A」からなので、10ギガプランを契約する場合はカテゴリ6A~7AのLANケーブルを用意しましょう。

PCやゲーム機に原因がないかチェックする

デスクトップ

LANケーブルやルーターに問題がない場合は、通信機器ではなくPCやゲーム機に原因があるかもしれません。

CPUの負荷を下げるSNP(ネットワーク最適化設定)やタスクオフロードがオンになっていると、ネットワークが不安定になる場合があります。

これらの設定がオフになっているか、確認してみてください。

また、そもそもPCのスペックがゲームに適していないと、データ処理に時間がかかりラグが発生してしまいます。

各ゲームの推奨スペックを確認し、使用しているPCの容量や処理能力に不足がないかも確認してみましょう。

ゲーム運営側のサーバー状況を確認する

サーバー

オンラインゲームは、運営側のサーバーと常時接続してプレイします。

そのため、プレイヤー側の通信環境に問題がなくても、運営側のサーバーが不安定だとラグが発生する原因となります。

また、同じ地域内で同時にプレイしている人数が多ければ、それだけサーバーへの負荷がかかり、サーバーへ接続できなくなる可能性が高まるでしょう。

いわゆる「鯖落ち」です。

一時的に速度が落ちている・ラグが発生しているのであれば、時間をずらしてプレイしてみてください。

オンラインゲーム向けの光回線を速度で比較

速度

ここからは、今回紹介したオンラインゲーム向け10回線の速度を比較します。

たとえ通信速度が速くてもPing値が高いとオンラインゲームには不向きとなるため、「実効速度」と「Ping値」それぞれの数値を比較します。

平均通信速度の比較

まずは平均通信速度(下り)を比較します。

目安回線平均実効速度(下り)
かなり速い
(500Mbps以上)
eoひかり720.85Mbps
コミュファ光628.73Mbps
BBIQ591.28Mbps
NURO光582.88Mbps
auひかり500.66Mbps
速い
(300M~500Mbps)
ピカラ光491.94Mbps
GameWith光451.41Mbps
ドコモ光GGGGオプション450.9Mbps
メガエッグ334.59Mbps
hi-hoひかり with games314.7Mbps
普通
(100M~300Mbps)
ソフトバンク光293.57Mbps
おてがる光262.92Mbps
とくとくBB光231.59Mbps
So-net光プラス230.03Mbps

実効速度引用元:みんなのネット回線速度(みんそく)

オンラインゲームを快適にプレイできる基準「300Mbps以上」は、ほとんどの回線がクリアしていることが分かりますね。

中でも、地方回線(eoひかり・コミュファ光・BBIQ)とauひかり・NURO光は500Mbps以上の高い数値が出ています。

ただし、上記回線はすべて提供エリアが限定されているのがネックです。

エリア外の人はhi-hoひかり with games・GameWith光、ドコモ光GGGGオプションのような、フレッツ光の回線を利用した専用回線がおすすめです。

Ping値の比較

続いて、オンラインゲームのプレイで重要となるPing値を比較します。

目安回線平均Ping値
かなり速く快適
(15ms以下)
NURO光11.58ms
hi-hoひかり with games15.67ms
速い
(15ms~30ms)
GameWith光14.28ms
eoひかり14.91ms
コミュファ光14.98ms
auひかり15.14ms
So-net光プラス15.83ms
ソフトバンク光16.15ms
ドコモ光GGGGオプション16.36ms
おてがる光17.75ms
ピカラ光18.08ms
とくとくBB光19.7ms
メガエッグ21.82ms
BBIQ24.41ms

オンラインゲームを快適にプレイできる基準「15ms以下」をクリアしているのは、NURO光とhi-hoひかり with gamesの2社です。

他の回線も平均Ping値は30ms以下で、時間帯によっては数値はさらに低くなっているため、ゲームは問題なくプレイできるでしょう。

今回の記事で紹介したラグを減らす方法を参考にしながら、回線以外の通信環境の改善も試してみてください。

オンラインゲーム向けの光回線を料金で比較

お金

オンラインゲーム向けの光回線選びでは速度がもちろん一番大切ですが、長く使い続けられるかどうかを左右するのは料金です。

料金は一番お得なのはどこなのかを、一覧で比較して調査します。

1ギガのプランと10ギガのプランでは料金に差があるため、今回は分けて比較しました。

最大1~2ギガの基本プランを比較

光回線戸建月額マンション月額
おてがる光4,708円3,608円
eoひかり1年目 2,380円~
2年目 5,448円
非公開
とくとくBB光4,818円3,773円
ピカラ光4,950円3,740円
BBIQ1年目 3,780円~
2年目 6,380円
1年目 1,910円~
2年目 4,510円~6,380円
コミュファ光1年目 980円~
2年目以降 5,170円
1年目 2,450円~
2年目以降 4,070円
NURO光5,200円5,200円
auひかり1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目 5,390円
4,290円~
ソフトバンク光5,720円4,180円
メガエッグ5,720円4,070円~
So-net光プラス6,138円4,928円
hi-hoひかり with games6,160円4,840円
GameWith光6,160円4,840円
ドコモ光GGGGオプション6,710円5,390円

1ギガの光回線で、料金が最も安いのはおてがる光となりました。

ただし、速度は速い方ではないため、あくまでもコスパを優先したい人向けです。

3つのゲーム専用回線はすべて6,000円越え(戸建て)となっており、他社に比べると割高になっています。

最大10ギガの高速プランを比較

光回線戸建月額マンション月額
NURO光10ギガ5,700円5,700円
コミュファ光1年目 1,750円
2年目以降 5,940円
1年目 3,980円
2年目 5,940円
ソフトバンク光初月~6ヶ月間 500円~
7ヶ月目以降 6,380円
初月~6ヶ月間 500円~
7ヶ月目以降 6,380円
auひかり1年目 6,468円
2年目 6,358円
3年目 6,248円
-
eoひかり1~6ヶ月目 980円~
7~12ヶ月目 2,380円~
2年目 6,530円
非公開
ピカラ光6,600円5,390円
BBIQ1年目 4,770円~
2年目 7,370円
1年目 2,900円~
2年目 5,500円~7,370円
ドコモ光GGGGオプション7,370円7,370円
GameWith光 10Gプラン7,370円7,370円
hi-hoひかり with games7,590円7,590円
GameWith光 Proプラン19,800円19,800円

10ギガでもっとも安いのは、NURO光10ギガの5,700円です。

1ギガ回線との料金差がほとんどないため、「10ギガを使ってみたいけど料金が気になる」という人にとって見逃せない回線なのではないでしょうか。

独自回線のNURO光は速度面での評価も高いため、本格的なゲームプレイにも十分耐えられるでしょう。

ただし、10ギガのパフォーマンスを十分に発揮するためには対応しているルーターをはじめ、専用の環境整備が必要となります。

回線料金以外に、初期投資が必要となるのは考慮しておきましょう。

▲目次に戻る

オンラインゲーム用の光回線選びでよくある質問

よくある質問

最後に、オンラインゲーム用の光回線を選ぶにあたって、多くの人が疑問に感じる点とその答えを紹介します。

光回線じゃなくてもオンラインゲームはできる?

光回線以外のホームルーターやモバイルWi-Fiでも、ゲームのプレイ自体は可能です。

ただし、快適なプレイやハイスコアを狙えるようなプレイは難しいでしょう。

オンラインゲームはプレイ中も常に通信を行うため、通信の反応速度を表す「Ping値」が非常に重要です。

このPing値が低いのが、有線で通信する光回線。

ホームルーターはたとえ有線で接続してもPing値が高くなってしまうため、光回線のプレイヤーと比べて圧倒的に不利にならざるを得ないでしょう。

ゲーム用光回線の料金は高い?

「ゲーム専用」オプションを利用する場合は、通常料金にオプション代を追加するため高くなります

また、10Gbps回線は速度が速い分、基本的な1Gbpsのプランと比べると基本料金が高額です。

さらに、ゲーム用の専用帯域を利用できる完全オンラインゲーム専用の光回線は、さらに料金が高い傾向にあります。

▲目次に戻る

オンラインゲームは光回線選びで大きく変わる

オンラインゲーム

今回は、オンラインゲームを快適にプレイしたい人におすすめの光回線を紹介しました。

1秒以下のわずかなタイミングの差がプレイを左右するオンラインゲームにおいて、通信回線の性能の高さはかなり重要です。

オンラインゲーム専用の回線はその分料金も高くなりがちですが、それだけの価値を実感できるでしょう。

光回線選びに迷っている人は、オンラインゲーム専用の3つの光回線もぜひ検討してみてください。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
日々インターネット回線の情報をまとめている編集部が、皆さんへベストアンサーを提案していきます。情報が多くて難しい回線の説明ですが、猫を愛でることで誰にでも分かりやすくて読みやすい記事を作成しています。