IIJmioの評判|デメリットを調査しておすすめな人の特徴を解説

  • 2024年2月22日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
IIJmioの評判|デメリットを調査しておすすめな人の特徴を解説

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブが運営している格安SIMのキャリアです。

格安SIMの中でもトップクラスに月額料金が安いことで人気を集めています。

とはいえ、IIJmioに関する悪い評判やデメリットも目につくのも事実。

メリットばかり注目しがちですが、デメリットを知っておくことで後悔するリスクを減らせます。

本記事ではIIJmioの口コミだけでなく、料金プランやキャンペーンについても詳しく解説しているので、契約したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

IIJmioのデメリット・メリット
  • 通信速度が遅い時間帯がある
  • 支払いがクレカにしか対応していない
  • 同じプランで複数契約していると識別できない
  • 国際SMSが届かない
  • 通話音質は人によっては良くないと感じるレベル
  • 通信速度は十分快適に使えるレベル
  • mio割でお得に使える
  • タブレット用のSIMとして最適
  • データシェアが便利

IIJmioの評価レビュー

評価項目評価点数
料金★★★★☆4.2
速度★★★☆☆3.5
サービス★★★☆☆3.9
総合評価★★★☆☆3.9
※評価レビューの採点基準や注意点は格安SIMの評価レビュー|基本情報一覧をご確認ください。

IIJmioのスマホ大特価キャンペーン

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

IIJmioの悪い評判・口コミを調査|デメリットまとめ

悪い評判

まずは、ユーザーからの悪い評判や口コミを紹介します。

通信速度が遅い


格安SIMは、回線が混雑する時間帯に通信が遅くなることで知られていますが、IIJmioも同様に通信速度が遅くなるようです。

時間帯と場所によっては通信速度が1Mbps以下になることも…。

メールやSNSのやり取りでさえ1Mbps以上ないと快適に行えないので、不満に感じるもの理解できます。

みなにみ、YouTubeやTikTokなどのSNSで動画視聴するなら最低でも10Mbpsは必要です。

IIJmioの平均通信速度については、以下の表をご覧ください。

時間帯Ping下り上り
56.43ms55.24Mbps13.53Mbps
94.2ms15.32Mbps9.94Mbps
夕方64.23ms40.03Mbps9.19Mbps
53.87ms55.34Mbps11.73Mbps
深夜52.38ms60.95Mbps12.06Mbps
参考元:みんなのネット回線速度(2024年1月13日)

昼頃になると平均通信速度が10Mbps台になりますが、それ以外の時間帯では、比較的通信速度は保たれています。

重たいオンラインゲームさえしなければ、そこまでストレスを感じることはないでしょう。

とはいえ、口コミのように通信速度が1Mbps以下になる場合もあるので、常に快適なネット環境を求める人は避けた方が無難です。

支払いがクレカにしか対応していない


IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみ対応となっています。

口座引き落としには対応していないので、クレジットカードを持っていない人はIIJmioに契約できません。

手数料が発生しても口座引き落としにしたいという人は意外と多いので、そのような人にとっては契約できないためデメリットといえます。

複数契約していると解約時に識別できない


IIJmioは同じmioID(契約者)であれば、データ通信量をシェアできるサービスがあります。

例えば、家族間でデータ通信料を分け合いたい人や、通信障害対策のためにdocomo回線とau回線の両方を契約したい人などに嬉しい機能です。

そのため、同一のmioIDに複数のプランを契約する人も多く、プランを契約する度に「サービスコード」と呼ばれる、契約番号のようなものが割り当てられます。

ただし、契約内容は「サービスコード」と「プラン名」のみで表示されるため、同じプランに複数契約していると、どの端末に割り振られたサービスコードなのか識別しにくいというデメリットがあります。

解約したいときに、間違って違う端末を解約してしまう可能性が出てくるため、IIJmio側に対策を考えてもらいたいですね。

台湾で国際SMSが届かない


台湾旅行時に国際SMSが届かなかったという声もありました。

このユーザーの契約プランは分かりませんが、IIJmioでSMS SIMを契約した場合、海外からのSMSを送受信できるのはau回線のみであり、docomo回線は国際SMSに対応していません。

なお、音声通話SIMの場合は、国際ローミングを使うことでSMSの送受信が可能なので、docomo回線でも問題ありません。

海外に行く機会の多い人はau回線のSMS SIMか、音声通話SIMを選ぶのをオススメします。

通話音質が悪い


IIJmioの通話はプレフィックス番号を利用しているので、VoLTEと比べると通話音質に差が出てしまいます。

実は、IIJmioも2023年3月からVoLTEでの通話提供が開始していますが、使用する端末やエリアによってはプレフィックスのままなので、不満の声も続いているようです。

VoLTEとプレフィックスとの違いは、下の表をご覧ください。

種類VoLTEプレフィックス
特徴1LTEのデータを使用した音声通話3G相当の音声通話
特徴23Gの音声通話よりも高速で高品質音質はあまり良くないが、通話料が安い

IIJmioの悪い評判まとめ

IIJmioのデメリット
  • 通信速度が遅い
  • 支払いがクレカにしか対応していない
  • 同じプランで複数契約していると識別できない
  • 国際SMSが届かない
  • 通話音質がよくない

などの悪い口コミがありました。

IIJmioと契約するにあたり、押さえておきたいデメリットは以下の2つ。

  • 通信速度が悪い
  • 通話品質がよくない

お昼の回線が混み合う時間帯では、平均通信速度は15Mbps程度になりますが、人によっては1Mbps以下になることもあります。

15Mbpsあれば、ギリギリ動画を視聴できるレベルですが、1Mbpsまで下がるとLINEやメールのやり取りくらいしかできません。

しかし、お昼の通信速度が不安定なのはIIJmioだけでなく、MVNO全体の特徴としても同じことが言えます。

通信速度の対策としては、WiFiを利用するのが再現性の高い方法です。

昼間に家や職場などでWiFi環境が整った場所にいることが多い人にとっては、通信速度さほど大きな問題とはなりにくいでしょう。

また、通話品質についても、現在はプレフィックスからVoLTEに変更されていますが、未だに品質が悪いと感じるユーザーもいます。

とはいえ、通話に支障が出るほどでもないので、「通話は相手の声が聞こえれば十分」という人はIIJmioを選んでも問題ないでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

IIJmioの良い評判・口コミを調査|メリットまとめ

良い評判

それでは、次にIIJmioの良い評判や口コミを紹介します。

ユーザーの声として多かったのは以下のとおり。

スマホ代が安く買える


IIJmioの特徴でもある、端末代の大幅値下げ。

乗り換えと同時にスマホも安く買い替えたいという人におすすめです。

時期によって変わりますが、今ならOPPO A55s 5Gが一括払い110円で購入できます。

このように、端末の大幅値下げもIIJmioの魅力の1つです。

シンプルで使い勝手が良かった


通信会社によっては解約(転出)の手続きをすると引き止められることもあります。

一方、IIJmioは過剰な営業はなく、マイページでの操作や手続き方法もとてもシンプルで使いやすいようにデザインされています

解約したいときは、公式サイトからマイページにログインすれば、簡単に解約手続きのページを見つけられます。

通信速度は問題なし


NVMOの特徴としてよく話題にされる通信速度についての声を集めてみました。

悪い口コミの中に通信速度が遅いことをIIJmioのデメリットとして挙げましたが、ユーザーの中には通信速度に満足している人もいます。

とくに5G通信であれば、下り速度が228Mbpsあるので十分すぎるほど高速通信です。

また、昼前の時間帯でも約25Mgpsの通信速度が出ている口コミもあるので、地域によっては快適な通信速度を保てている人もいるようですね。

低用量ギガプランが好評


2023年9月から新しく始まったギガプランが好評です。

とくに2GBプランが人気で、データ使用量の少ないユーザーにとってちょうど良い容量設定と嬉しい料金になっています

もともと月額料金の安さには定評のあるIIJmioですが、新プランでさらに他社との差別化が図れています。

タブレット用のSIMとして利用している

IIJmioのeSIMをタブレット用のSIMとして利用する人も増えています。

その理由は、IIJmioには、同じmioIDならデータ容量をシェアできるサービスがあり、2GBプランなら月額440円でタブレットが外出先で使えるようになります。

もしデータ容量が足りなくなったら、スマホに契約してあるSIMのデータ容量を振り分けても良いですし、高速通信から低速通信の切り替えてデータ使用料を消費せずに使うのも良いでしょう。

しかも、バースト機能もあるので、低速通信でもメールやX(旧Twitter)、LINEやWeb閲覧程度なら十分快適に使えます。

ただし、いくら低速通信といっても3日間で366MB以上使用すると速度制限がかかってしまうだめ、使い過ぎに気をつける必要があります。

mio割でさらにお安く


IIJmioは光回線を契約することでセット割(mio割)が適用されます。

mio割を適用すれば永年毎月660円お得になり、他のキャンペーンとも併用可能です

現在はGOGOキャンペーンを実施しており、音声SIM・5GBプランなら、スマホ代とネット代を合わせても月額5486円で利用できます。

低速モードが優秀

IIJmioに乗り換えて通話品質が上がった


楽天モバイルからIIJmioに乗り換えたことで、通話品質が良くなったとの口コミもありました。

2023年からIIJmioでもVoLETを利用した音声通話ができるようになったので、音質に満足するユーザーも増えてきています。

IIJmioの良い評判まとめ

IIJmioのメリット
  • 通信速度は十分快適に使えるレベル
  • mio割でお得に使える
  • タブレット用のSIMとして最適
  • データシェアが便利すぎる
  • 通話品質も問題ない

通信速度の品質は問題ないと感じているユーザーも多くいるようです。

また、基本料金については良い口コミが多く、mio割を使うことでさらに安くなると好評でした。

データ容量シェアも活用している人も多数おり、タブレット用として使い勝手が良いのが嬉しいポイント。

スマホ本体とデータをシェアしたり、低速通信を上手く使ったり、ユーザーの知恵と技が光っていました。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

IIJmioの料金

IIJmioの料金プラン

IIJmioの基本料金は格安SIMの中でもトップクラスに安いのが特徴です。

選べるプランも豊富で「使用用途」と「データ容量」を組み合わせて個人に合った使い方ができます。

月額料金

項目音声
音声eSIM
SMSデータデータeSIM
2GB850円820円740円440円
5GB990円970円900円660円
10GB1,500円1,470円1,400円1,100円
15GB1,800円1,780円1,730円1,430円
20GB2,000円1,980円1,950円1,650円
詳細申込サイト
IIJmioのデータ容量は、「2GB・5GB・10GB・15GB・20GB」の5つの中から選べます。

料金プランも「音声SIM・データ・eSIM・SMS」の4種類から選べるので、さまざまなニーズに合わせられます。

各料金プランの特徴を以下にまとめてみました。

音声SIM/eSIM

スマホで通話をするならこのプランを選びましょう。

通話料は30秒ごとに11円かかりますが、通話時間や頻度が多い人は通話オプションで定額料金に変更できます。

たくさん通話するなら定額オプションがお得
  • 5分定額:500円
  • 10分定額:700円
  • かけ放題:1,400円

データ・データeSIM

スマホであまり通話をしないならこのプランを選びましょう。
音声SIM/eSIMよりも価格が抑えられています。

データSIMとデータeSIMの違いは、物理SIMを発行するかしないかだけ。

eSIMの方が料金が安くなっているので少しでも費用を抑えたい人におすすめです。

どうしても通話したいときは、LINE電話は利用できるので安心してください。

SMS

データSIMにSMS機能が追加されたプランです。
SMSを利用することで、以下の機能が使えるようになります。

  • SMS認証ができる
  • 電話番号を知っていればメッセージを送信できる
  • 位置情報サービスの精度が上がる
  • LTE通信が安定する

ただし、通話機能はないので、080や090などの一般的な通話はできません。
データSIM同様、LINE通話は可能です。

用途別に考える組み合わせ例
  • 外出先でもガンガン使いたい人:音声SIM×20GB
  • 家にインターネット環境がある人:音声SIM×2GB~5GB
  • 電話はLINE電話で十分な人:SMS SIM×10GB
  • 通信障害対策のサブSIMとして:eSIM×2GB
  • タブレット用として:データeSIM×2GB

セット割・家族割

IIJmioには、ネット回線を契約することで月額料金が安くなるセット割「mio割」はありますが、家族割はありません。

家族割がない代わりに、同じ契約者(mioID)同士なら通信料を分け合えるサービスが用意されています。

mio割

IIjmio 月額料金2ギガプラン
(増量中2.4GB)
5ギガプラン
(増量中6GB)
10ギガプラン
(増量中12GB)
15ギガプラン
(増量中18GB)
20ギガプラン
(増量中24GB)
音声SIM / eSIM
月額料金割引
850円
550円
990円
690円
1,500円
1,200円
1,800円
1,500円
2,000円
1,700円
mio割:割引後
-660円割引
0円30円540円840円1,040円

mio割とは、IIJmioひかりと一緒に契約することで永年毎月660円お得になるセット割です。

これから自宅にインターネット回線を引きたい、ネット業者も乗り換えたいと検討されている人は、IIJmioひかりも選択肢に入れてみてください。

データ容量シェア

IIJmioには家族割はありませんが、データ容量シェアを使えば、家族間でお得にスマホを使えます。

データ容量シェアとは、同じmioID(契約者)であれば、契約しているプランのデータ容量をシェアできる機能です。

データが足りなくなっても追加費用なしで分け合えるので、余計なデータを追加購入しなくて済みます。

シェアするグループも自由に作れるので、仕事で使う端末を別に分けたり、親のグループと子どものグループに分けたり、それぞれの家庭の形に合わせた使い方ができます。

必須キャンペーン

IIJmioはキャンペーンに力をいれていることでも有名です。

現在は、2024年1月17日まで「GOGOキャンペーン」を実施しており、「2.4GB・通話料5分定額の音声SIM」が月額550円で利用できます。

GOGOキャンペーンは、音声SIM限定で利用できるキャンペーンです。

GOGOキャンペーンの内容
    以下の特典が得られます。

  • 月額料金300円割引(3ヵ月)
  • テータ通信料20%増量(3ヵ月)
  • 通話オプション410円割引(3ヵ月)
  • スマホ代がお得(乗り換えのみ)

mio割と併用もできるので、さらにお安くなります。

キャンペーン適用中の3ヵ月間は、スマホ基本使用料が0円で使用できるチャンスです。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

IIJmioの速度

速度・スピード

つぎに、IIJmioの通信速度について解説します。

IIJmioはMVNOであるため、大手キャリアやそのサブブランドのMNOと比べると不安定になりやすい特徴があります。

とはいえ、お昼のピーク時を避ければ、日常使いでも問題なく使用できるレベルです。

これから具体的にIIJmioの通信速度について説明します。

平均実行速度

平均Ping値60.44ms
平均ダウンロード速度50.34Mbps
平均アップロード速度11.1Mbps
測定件数755件

IIJmioの通信速度は、平均ダウンロード速度が、約50Mbpsあるので、簡易的なオンラインゲームも快適にプレイできるレベルです。

YouTube視聴くらいならストレスなく利用できます。

時間単別の平均実行速度

時間帯Ping下り上り
56.43ms55.24Mbps13.53Mbps
94.2ms15.32Mbps9.94Mbps
夕方64.23ms40.03Mbps9.19Mbps
53.87ms55.34Mbps11.73Mbps
深夜52.38ms60.95Mbps12.06Mbps
回線が混雑する昼の時間帯は通信速度が落ちる結果となりました。

他の時間帯では約50Mbpsをキープしているので、日常使いで困ることはないでしょう。

このお昼時に通信速度が落ちるのは、IIJmioに限らず格安SIM全体に言えることです。

通信速度にこだわりたい人は、NVMOよりも回線が安定している大手キャリアかそのサブブランドを利用することをオススメします。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

【結論】IIJmioはどんな人におすすめか解説

IIJmioのメリット

IIJmioはこんな人におすすめ
  • 少しでも通信費を安く抑えたい人
  • タブレット用のデータSIMが欲しい人
  • 端末を安くで購入したい人

IIJmioは格安SIMの中でも低価格で契約できるのが特徴です。

すでに格安SIMに慣れて、されに月額料金を安くしたいという人におすすめの格安SIMです。

また、IIJmio光とセットで契約すると永年毎月660円割引されるので、さらにお得に利用できます。

キャンペーンにも力を入れており、時期によって特典はさまざまですが、月額料金や端末代が驚くほど安くなるとたいへん好評です。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

▲目次に戻る

IIJmioの評判を調査したまとめ

IIJmio

IIJmioの口コミを調査して分かったことは、

IIJmioのデメリット・メリット
  • 通信速度が遅い
  • 支払いがクレカにしか対応していない
  • 同じプランで複数契約していると識別できない
  • 国際SMSが届かない
  • 通話音質がよくない
  • 通信速度は十分快適に使えるレベル
  • mio割でお得に使える
  • タブレット用のSIMとして最適
  • データシェアが便利すぎる
  • 通話品質も問題ない

つまり、通信速度はある程度妥協しても、その分月額料金を安くしたいという人にマッチするキャリアです。

家や職場にWiFi環境があるなら、通信速度においては大きな問題となりにくいため、IIJmioとの契約を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

すでに格安SIMを使用しているけど、もっと安くしたいという人は検討する価値は十分にあります。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmio公式を見る

▲目次に戻る

この記事を書いた人
日々インターネット回線の情報をまとめている編集部が、皆さんへベストアンサーを提案していきます。情報が多くて難しい回線の説明ですが、猫を愛でることで誰にでも分かりやすくて読みやすい記事を作成しています。