ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ比較ランキング5選|料金・速度まとめ

  • 2024年4月8日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ比較ランキング|料金・速度まとめ

対応エリアが広い・家や職場の近くでソフトバンクが良く繋がるなどの理由で、ソフトバンク回線の格安SIMを探している方も多いのではないでしょうか。

一方で、ドコモと比べてソフトバンク回線の格安SIMは少ない傾向にあるため、どの会社を選ぶべきなのか迷っている方もいるでしょう。

今回は、ソフトバンク回線が使えるおすすめの格安SIMを5社紹介します。

項目別ソフトバンク回線おすすめ格安SIM

  • 通信速度
  • セット割
  • データフリー
  • 使い放題
  • 繰り越し
  • 通信速度が安定しているのはワイモバイル

    ワイモバイル

    • 下り通信速度は87.51Mbps
    • ソフトバンクとほぼ同等の品質で通信が使える
    • 動画視聴やオンラインゲームも快適に利用できる
    • 5Gにも対応
  • 光回線や家族とセットでお得なのはワイモバイル

    ワイモバイル

    • ソフトバンク光とのセット割引「おうち割光セット(A)」で最大1,650円割引
      ※シンプルS 2は1,100円割引
    • 家族割引で2回線目以降から1,100円割引
    • 1人で複数回線使っている場合も適用可能
    • おうち割光セット(A)と家族割引は併用不可
  • データフリーでおすすめなのはNUROモバイル

    NUROモバイル

    • 対象アプリをデータ消費ゼロで使える
    • NEOプランではXやInstagramなどのSNSアプリがデータフリー対象
    • バリュープラスはLINEのみ
    • アプリ内にデータフリー対象外の機能もあるので注意
  • ネットが低速で使い放題なのはmineo

    マイネオ

    • 一定の通信速度で使い放題になる「マイそく」
    • 選べる通信速度は3Mbps/1.5Mbps/300kbps/32kbps
    • 1.5MbpsあればYouTube動画の視聴が可能
      ※普通画質
    • 32kbpsだと最安250円で使える
  • 繰り越しやデータシェアがおすすめなのはmineo

    マイネオ

    • 翌月まで余ったデータの繰り越しが可能
    • 家族や友人にデータをシェアできる「パケットギフト」
    • mineoユーザー同士でデータを分け合える「フリータンク」

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ比較ランキング

順位サービス月額容量平均下り速度詳細
1位ワイモバイル
ワイモバイル
1,078~5,115円4GB~30GB87.51Mbps申込サイト
2位mineo
マイネオ
250~2,200円1GB~20GB
※低速使い放題あり
48.79Mbps
※低速使い放題あり
申込サイト
3位LINEMO
LINEMO(ラインモ)
990~2,728円3GB~20GB63.86Mbps申込サイト
4位NUROモバイル
NUROモバイル
792~3,980円1GB~40GB60.3Mbps申込サイト
5位QTモバイル
QTモバイル
880~3,300円2GB~30GB47.36Mbps申込サイト

料金や通信速度、各社のメリット・デメリットについて詳しく解説するので、格安SIMの利用を検討中の方はぜひ参考にしてください。

ソフトバンク回線の格安SIMで気にいるものがなければ、他のキャリア回線も検討してみてくださいね。

項目別ソフトバンク回線おすすめ格安SIM

SIM

通信速度やセット割引・データ使い放題など、項目別にソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを下記にまとめました。

ソフトバンク回線の格安SIMを探す上で、用途にこだわりがある方はぜひチェックしてください。

通信速度が安定しているのはワイモバイル

ワイモバイルのネットワーク

ワイモバイルはソフトバンク株式会社が運営しており、ソフトバンクとほぼ同等の通信速度でネットが使えると定評があります。

X(旧Twitter)の投稿の中には、「キャリアから乗り換えたら快適になった」という声も。

キャリアと変わらない通信品質で使いたい人や現在の通信環境に不満がある方は、ぜひワイモバイルでの契約を検討しましょう。

光回線や家族とセットでお得なのはワイモバイル

ワイモバイルのキャンペーン|おうち割

ワイモバイルには、ソフトバンク光とセットで最大1,650円割引される「おうち割光セット(A)」があります。

また、2回線目から1,100円割引される家族割引もあり、光回線や家族とセットで使うと月額料金が安くなるのがワイモバイルの特徴です。

現在ソフトバンク光を利用している方や、家族での契約を検討している方にワイモバイルは適しているでしょう。

データフリーでおすすめなのはNUROモバイル

NUROモバイルのNEOデータフリー
NUROモバイルのバリューデータフリー

NUROモバイルには「NEOデータフリー」と「バリューデータフリー」という、対象アプリをデータ消費ゼロで使えるオプションがあります。

「NEOプラン」で使えるNEOデータフリーの対象アプリは以下の通りです。

  • LINE
  • X(旧Twitter)
  • Instagram
  • TikTok

「バリュープラス」・「かけ放題ジャスト」で使えるバリューデータフリーでは、LINEのみデータ消費ゼロで使えます。

よく使うアプリが上記にある方は、NEOプランに加入することでデータを節約できるでしょう。

データフリーオプションを使いたい方は、ぜひNUROモバイルをチェックしてください。

ネットが低速で使い放題なのはmineo

mineoの料金プラン

mineoには「マイそく」という、一定の通信速度でネットが使い放題になるプランがあります。

マイそくの通信速度と月額料金は以下の通りです。

  • 最大3Mbps:2,200円
  • 最大1.5Mbps:990円
  • 最大300kbps:660円
  • 最大32kbps:250円

1.5MbpsあればYouTube動画(普通画質)の視聴が可能なので、通信速度よりもデータ容量をたくさん使うことを重視したい方はマイそくが適しているでしょう。

最大32kbpsの場合は月額250円で使えるため、通話メインなどスマホでネットを使わない方にもおすすめです。

繰り越しやデータシェアがおすすめなのはmineo

mineoの「パスケット110円割引キャンペーン」

mineoは余ったデータを翌月に繰り越すだけでなく、他のユーザーにデータをシェアすることも可能です。

また、友人や家族にシェアできる「パケットギフト」だけでなく、第三者のユーザー同士でパケットを分け合える「フリータンク」も利用できます。

身近にmineoユーザーがいない方でも、フリータンクであれば余ったデータをシェアし、足りないときにはデータがもらえますよ。

mineoは契約したデータ容量を無駄なく使いたい方におすすめです。

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ比較ランキング5選

ソフトバンク回線が使えるおすすめ格安SIM5社をランキング形式で紹介します。

料金や通信速度・キャンペーンなどについて細かく触れていくので、ソフトバンク回線の格安SIMを探している方はぜひ参考にしてください。

1位:ワイモバイル

SIMカード/eSIMご契約でPayPayポイントプレゼント(公式ストア限定)

  • 基本情報
  • 料金
  • 速度
  • 特徴
  • 特典
  • 解説
  • 月額料金1,078~5,115円
    平均下り速度87.51Mbps
    初期費用3,850円
    ※オンラインストアは無料
    キャンペーン・SIMのみ契約で最大10,000円相当還元
    ・ワイモバ親子割で最大13ヶ月間1,100円割引
    ・60歳以上は完全かけ放題が1,100円割引
    ・対象プラン加入で機種代金割引
    ・PayPay利用で20%戻ってくる
    セット割・おうち割光セット(A):1,100円~1.650円割引
    ・家族割引:1,100円割引
    ※上記は併用不可
    契約期間なし
    違約金なし
    繰り越し翌月まで繰り越し可能
    詳細申込サイト
  • プラン名シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
    データ容量4GB20GB30GB
    月額料金2,365円4,015円5,115円
    光回線セット割
    (おうち割)
    -1,100円-1,650円-1,650円
    PayPayカード割-187円-187円-187円
    割引適用後の料金1,078円2,178円3,278円
    通信方式5G/4G
    速度制限時最大300kbps最大1Mbps
    音声通話30秒22円
    10分かけ放題880円/月
    完全かけ放題1,980円/月
    詳細申込サイト
  • 項目ワイモバイル
    下り87.51Mbps
    上り15.76Mbps
    Ping値40.53ms
    測定件数15,933件
    時間帯Ping下り上り
    38.29ms132.03Mbps19.79Mbps
    47.17ms64.77Mbps15.04Mbps
    夕方40.3ms73.19Mbps12.43Mbps
    41.63ms52.58Mbps12.46Mbps
    深夜37.1ms161.81Mbps19.74Mbps
  • メリット
    • 通信速度が速く安定している
    • 光回線や家族回線とのセット割引が使える
    • iPhoneやGoogle Pixelなど取り扱い端末が豊富
    デメリット
    • 割引を適用しないと月額料金が割高
    • 通信速度の切り替えができない
    • 選べるデータ容量の種類が少ない
  • ワイモバイルでは、SIMのみ契約で10,000円相当のPayPayポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。

    キャンペーンの適用条件は以下の通りです。

    キャンペーン適用条件
    • シンプル2 Mまたはシンプル2 Lに加入する
      ※シンプル2 Sの場合は3,000円相当
    • データ増量オプション(550円)に加入する
    • ワイモバイルオンラインストアで契約する
    • PayPayギフトカードを受け取った月の翌月までにチャージを完了する

    新規契約でも乗り換えでも特典金額は同じですが、データ増量オプションに加入しないと特典をもらえません。

    データ増量オプションは最大6ヶ月間無料なので、ぜひ加入して10,000円相当のPayPayポイントをもらってくださいね。

  • ワイモバイルはソフトバンク株式会社が運営する格安SIMで、ソフトバンクとほぼ同等の品質でネットが使えます

    他社格安SIMと比べて月額料金が割高ですが、光回線や家族とのセット利用で割引を適用することが可能です。

    iPhone 13やGoogle Pixel 7aなど、人気のスマホを多数取り扱っている点もワイモバイルの魅力。

    一方で低速通信への切り替えができないなど、格安SIMによくあるサービスが少ない傾向にあります。

    快適にスマホゲームや動画編集などネットを使いたい方や、セット割引を利用したい方にワイモバイルはおすすめです。

2位:mineo

minoeの受賞歴

  • 基本情報
  • 料金
  • 速度
  • 特徴
  • 特典
  • 解説
  • 月額料金250~2,200円
    平均下り速度48.79Mbps
    初期費用・契約事務手数料:3,300円
    ・SIMカード発行料:440円
    キャンペーン・最大6ヶ月間マイピタの月額料金が一律990円
    ・パスケットの月額料金が最大6ヶ月間無料
    ・Hulu申し込みで月額料金が最大12ヶ月間220円割引
    ・安心バックアップが最大6ヶ月間無料
    ・かけ放題が初月無料
    セット割・eo×mineoセット割:eo光料金から330円割引
    ・家族割引:55円割引
    ※デュアルタイプ3回線以降は165円割引
    ・複数回線割引:55円割引
    契約期間なし
    違約金なし
    繰り越し翌月まで繰り越し可能
    詳細申込サイト
  • マイピタ音声通話+データ通信
    (デュアルタイプ)
    データ通信のみ
    (シングルタイプ)
    1GB1,298円880円
    5GB1,518円1,265円
    10GB1,958円1,705円
    20GB2,178円1,925円
    通信方式5G/4G
    速度制限時の通信速度200kbps
    音声通話30秒22円
    mineoでんわ30秒10円
    10分かけ放題550円
    完全かけ放題1,210円
    詳細申込サイト
    マイそく音声通話
    +データ通信
    (デュアル)
    データ通信
    (シングル)
    プレミアム(最大3Mbps)2,200円
    スタンダード(最大1.5Mbps)990円
    ライト(最大300Kbps)660円
    スーパーライト(最大32Kbps)250円-
    速度制限・月曜~金曜の12時台は最大32kbps
    ・3日間で10GB以上利用時も翌日のみ32kbps
    詳細申込サイト
  • 項目mineo
    下り48.79Mbps
    上り11.33Mbps
    Ping値62.01ms
    測定件数17,447件
    時間帯Ping値下り上り
    62.42ms66.42Mbps15.78Mbps
    67.23ms25.45Mbps11.77Mbps
    夕方63.92ms51.63Mbps11.43Mbps
    58.41ms35.52Mbps9.98Mbps
    深夜61.85ms48.48Mbps8.7Mbps
  • メリット
    • プランが種類豊富でさまざまなニーズに対応
    • データシェアのサービスが充実
    • 最安250円で使える月額料金の安さ
    デメリット
    • ソフトバンク回線ではeSIMが使えない
    • 時間帯によって通信速度が遅くなりやすい
    • 20GB以上の大容量プランがない
  • mineoでは、現在マイピタ(デュアルタイプ)の月額料金が最大6ヶ月間一律990円になるキャンペーンを実施中です。

    マイピタのプランすべてが対象なので、20GBプランが最も割引額が大きくなります。

    最初から20GB使う予定だった方も、どの程度ネットを使えるのか試したい方も、お得に20GBプランを契約するチャンスです。

    他社から乗り換えだけでなく新規契約の方も対象となるため、サブ端末や家族用のスマホにも適しているでしょう。

  • mineoは「必要なものを必要なだけ」というコンセプトの格安SIMで、他社にはないプランやサービスが充実しています。

    一定の通信速度でネットが使い放題となる「マイそく」の場合、最大32kbpsの「スーパーライト」なら月額250円という安さで利用可能です。

    通話メインで使いたい人は、スーパーライトと完全かけ放題を契約すれば計1,460円で通話が使い放題になります。

    「フリータンク」を使えばユーザー同士で余ったデータのシェアが可能な点も、他の格安SIMにはない魅力です。

    一方、ソフトバンク回線を契約する場合、eSIMは非対応なので注意しましょう。

    また、昼休みなど時間帯によって通信速度が遅くなりやすい傾向にあるため、通信速度にあまりこだわらない方に向いています。

    料金を安く抑えたい方や、自分の用途に適したプランを探している方は、ぜひmineoをチェックしてみてください。

3位:LINEMO

LINEMO(ラインモ)

  • 基本情報
  • 料金
  • 速度
  • 特徴
  • 特典
  • 解説
  • 月額料金990~2,728円
    平均下り速度63.86Mbps
    初期費用無料
    キャンペーン・スマホプラン契約で10,000円相当還元
    ・過去ユーザーの再契約で最大4,000円相当還元
    ・追加申し込みで3,000円相当還元
    ・5分かけ放題が最大7ヶ月間無料
    ・エントリー&スマホプラン契約で、先着で「僕が見たかった青空」の公演チケット進呈
    セット割なし
    契約期間なし
    違約金なし
    繰り越しなし
    詳細申込サイト
  • プランスマホプランミニプラン
    月額基本料2,728円990円
    データ通信容量20GB3GB
    通信方式4G/5G
    速度制限時の通信速度最大1Mbps最大300kbps
    音声通話30秒22円
    5分かけ放題550円
    完全かけ放題1,650円
    詳細申込サイト
  • 項目LINEMO
    下り63.86Mbps
    上り14.37Mbps
    Ping値40.76ms
    測定件数5,235件
    時間帯Ping値下り上り
    39.25ms69.35Mbps18.46Mbps
    40.33ms52.75Mbps15.18Mbps
    夕方41.83ms66.34Mbps13.32Mbps
    41.13ms55.14Mbps10.98Mbps
    深夜39.72ms69.21Mbps16.09Mbps
  • メリット
    • 通信速度が安定している
    • LINEをデータ消費ゼロで使える
    • ソフトバンクから乗り換えであれば契約内容を引き継げる
    デメリット
    • プランの種類が少ない
    • 光回線や家族などのセット割引がない
    • 端末の取り扱いがない
  • LINEMOでは、スマホプラン契約で10,000円相当のPayPayポイントが還元されます。

    キャンペーンの適用条件は以下の通りです。

    キャンペーン適用条件
    • 他社から乗り換えでスマホプランを契約する
    • LINEMOの利用を開始(開通)する
    • 開通日の属する月の6ヶ月後(特典付与対象判定月)までプランを変更しない

    他社から乗り換えでスマホプランを契約した場合のみ、特典が適用されます。

    新規契約やソフトバンク/ワイモバイル/LINEMOからの乗り換え、ミニプランの申し込みは対象外です。

    開通日が属する月の6ヶ月後までにミニプランへ変更した場合も、キャンペーンの対象外になるので注意しましょう。

    特典は、「開通日の属する月の7ヶ月後の上旬」に付与される予定です。

  • LINEMOはソフトバンク株式会社が運営する格安料金プランで、通信速度が安定していることに定評があります。

    他社格安SIMでは速度が遅くなりやすい昼などの時間帯でも、比較的安定した通信速度でネットを利用することが可能です。

    また、LINEの音声・ビデオ通話もデータ消費ゼロで使えるので、LINEで通話をよく使う方はデータ容量を節約できます。

    ソフトバンクと同じ運営会社のため、ソフトバンクから乗り換える際に契約内容や支払い方法を引き継げる点も嬉しいポイント。

    ただ、端末の取り扱いがないので、LINEMOでスマホを買い替えたい場合は他社キャリアやメーカーで購入する必要があります。

    さらに、ソフトバンクやワイモバイルのように光回線などのセット割引がないので、セット割引を使いたい方は注意しましょう。

4位:NUROモバイル

NUROmobileの料金概要

  • 基本情報
  • 料金
  • 速度
  • 特徴
  • 特典
  • 解説
  • 月額料金792~3,980円
    平均下り速度60.3Mbps
    初期費用・登録事務手数料:3,300円
    ・SIM手数料・:440円
    ※NEOプラン/NEOプランWは無料
    キャンペーン・NEOプランW乗り換えで最大16,000円キャッシュバック
    ・NEOプラン乗り換えで最大13,000円キャッシュバック
    ・バリュープラス申し込みで最長3ヶ月間割引
    ・Xperia 10 Ⅳ購入で10,000円キャッシュバック
    セット割・NURO光とセットでスマホ料金から12ヶ月間最大1,100円割引
    ・So-net光とセットでスマホ料金から12ヶ月間最大792円割引
    契約期間なし
    違約金なし
    繰り越し翌月まで繰り越し可能
    詳細申込サイト
  • プラン名NEOプランバリュープラスかけ放題ジャスト
    (1GBプラン)※1
    音声通話付きSIM20GB:2,699円
    40GB:3,980円
    (NEOプランW)
    3GB:792円
    (VSプラン)
    5GB:990円
    (VMプラン)
    10GB:1,485円
    (VLプラン)
    15GB:1,790円
    (VLLプラン)
    5分:930円
    10分:1,320円
    無制限:1,870円
    通信方式5G/4G
    速度制限時の通信速度最大1Mbps最大200kbps
    音声通話11円/30秒無料
    5分かけ放題490円-
    10分かけ放題880円
    完全かけ放題1,430円
    データフリー・LINE
    ・X(旧Twitter)
    ・Instagram
    ・TikTok
    LINE
    ※VSプランを除く
    LINE
    Gigaプラス
    ※2
    15GBVMプラン:3GB
    VLプラン:6GB
    VLLプラン:9GB
    なし
    詳細申込サイト
    ※1かけ放題ジャストは1GBに3つの通話定額が付いたプラン
    ※2Gigaプラスは3ヶ月ごとにデータ容量がプレゼントされるサービス
  • 項目NUROモバイル
    下り60.3Mbps
    上り13.35Mbps
    Ping値48.24ms
    測定件数6,069件
    時間帯Ping下り上り
    42.94ms94.26Mbps19.0Mbps
    54.51ms30.34Mbps12.0Mbps
    夕方45.49ms68.29Mbps15.51Mbps
    44.59ms40.29Mbps9.43Mbps
    深夜48.84ms32.21Mbps8.19Mbps
  • メリット
    • NEOプランは快適に通信できる専用帯域が利用可能
    • プランによってデータ消費ゼロになるアプリがある
    • 3ヶ月ごとにギガが受け取れる「Gigaプラス」
    デメリット
    • セット割引が永年割引ではない
    • ソフトバンク回線はかけ放題ジャストが使えない
    • ソフトバンク回線はデータ+SMSのSIMが使えない
  • NUROモバイルでは、他社から乗り換えでNEOプランを契約すると最大16,000円のキャッシュバックがもらえます。

    NEOプランWは16,000円・NEOプランは13,000円と金額が異なるので、申し込み前に確認しましょう。

    キャンペーン適用条件は以下の通りです。

    キャンペーン適用条件
    • 他社から乗り換えであること
    • NEOプランまたはNEOプランWを申し込む

    新規契約の場合もキャッシュバックはもらえますが、5,000円に減額されてしまうので注意が必要です。

    また、キャッシュバック付与までに低額プランへ変更をすると、キャッシュバックも減額してしまいます。

    例:NEOプランW(40GB)からNEOプラン(20GB)に変更

    利用開始月を除く8ヶ月目までは、契約したプランを継続利用しましょう。

  • NUROモバイルには大容量のNEOプランや小~中容量のバリュープラスなど、用途に合ったさまざまなプランがあります。

    特にNEOプランには時間帯を問わず快適に通信できる専用帯域があるので、安定した通信速度でネットを使いたい方におすすめです。

    また、「NEOデータフリー」や「バリューデータフリー」という、対象のアプリをデータ消費ゼロで使えるサービスもあります。

    NEOデータフリーはX(旧Twitter)やInstagramなども対象なので、SNSをよく使う方にも適しているでしょう。

    3ヶ月ごとにデータ容量がもらえる「Gigaプラス」では、NEOプランだと3ヶ月に1回15GBもらえます。

    一方で、ソフトバンク回線では「データ+SMS」のSIMや「かけ放題ジャスト」が使えないので注意が必要です。

    データ容量をたくさん使いたい方や、アプリのデータフリーを重視したい方はぜひNUROモバイルをチェックしましょう。

5位:QTモバイル

QTモバイル

  • 基本情報
  • 料金
  • 速度
  • 特徴
  • 特典
  • 解説
  • 月額料金880~3,300円
    平均下り速度47.36Mbps
    初期費用・登録事務手数料:3,300円
    ・SIM発行手数料:253~375.1円
    キャンペーン・対象機種を契約と同時購入で最大30,000円キャッシュバック
    ・30歳以下を対象に20GB・30GBプランから12ヶ月間割引
    ・30歳以下を対象に端末同時購入で別途5,000円キャッシュバック
    セット割・九州電力とセットで最大110円割引
    ・BBIQとセットで最大220円割引
    契約期間なし
    違約金なし
    繰り越し翌月まで繰り越し可能
    詳細申込サイト
  • コースデータ+SMS+通話データ+SMSデータ※
    2GB1,100円924円770円
    4GB1,540円1,144円990円
    6GB1,760円1,584円1,430円
    10GB1,980円1,804円1,650円
    20GB2,200円2,024円1,870円
    30GB3,300円3,124円2,970円
    通信方式4G
    速度制限時最大200kbps
    ※ドコモは最大300kbps
    音声通話30秒11円
    10分かけ放題880円
    完全かけ放題1,600円
    詳細申込サイト
    ※au回線はデータコースの取り扱いがありません。
  • 項目QTモバイル
    下り47.36Mbps
    上り3.53Mbps
    Ping値60.5ms
    測定件数419件
    時間帯Ping下り上り
    52.0ms107.91Mbps16.68Mbps
    65.0ms11.7Mbps1.62Mbps
    夕方59.5ms33.38Mbps2.72Mbps
    55.0ms22.26Mbps0.0Mbps
    深夜53.0ms82.73Mbps24.61Mbps
  • メリット
    • 九州電力・BBIQユーザーは最大330円割引
    • 小容量プランが2GBから6GBまで3段階選べる
    • 追加データ容量を100MB50円で購入できる
    デメリット
    • 速度が遅めで時間帯によって不安定になりやすい
    • 5Gが使えない
    • 割引が使えるのが九州エリアの方のみ
  • QTモバイルでは、最大20,000円のキャッシュバックがもらえる「春のトキメキキャッシュバックキャンペーン」を実施中です。

    公式サイト限定キャンペーンと併用すると、キャッシュバックが合計最大30,000円もらえますよ。

    契約状況によってキャッシュバック金額が異なるため、以下にてご確認ください。

    キャッシュバックの適用条件
    • 「データ+通話コース」に申し込み+指定端末購入:30,000円キャッシュバック
      「春のトキメキキャッシュバックキャンペーン」20,000円+公式サイト限定キャンペーン10,000円
    • 「データ+通話コース」に申し込み+指定端末以外を購入:10,000円キャッシュバック
      公式サイト限定キャンペーンのみ
    • スマホそのままで「データ+通話コース」に申し込む:5,000円キャッシュバック
      公式サイト限定キャンペーンのみ

    指定端末にはiPhone 14 128GBやiPhone SE(第3世代)、Xperia 10 Ⅴなどがあります。

    キャンペーン適用にはクーポンコードの入力が必要なので、忘れないようにしましょう。

    また、30歳以下の方が端末を同時に購入すると別途5,000円もらえる「アオハル応援キャンペーン」との併用も可能です。

    30歳以下の方であれば合計最大35,000円のキャッシュバックがもらえるので、この機会にぜひQTモバイルを検討しましょう。

  • QTモバイルは、九州電力やBBIQとセットで使うと月額最大330円割引されます。

    そもそも月額料金は1,100~3,300円とリーズナブルですが、九州エリアの方ならさらに月額を安く抑えられるため、大変お得です。

    2GBから6GBまで3段階のプランが選べるので、小容量で自分の用途に合ったデータ容量を契約したい方も見逃せません。

    一方で、時間帯によって通信速度が不安定になりやすい傾向にあるため、通信の速さを重視する方は注意が必要です。

    九州にお住まいの方でソフトバンク回線の格安SIMを探している方は、ぜひQTモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク回線おすすめ格安SIMを料金で比較

料金

今回紹介している格安SIM5社の最安プランと20GBの月額料金を比較しました。

ソフトバンク回線おすすめ格安SIMの最安プランと20GBの月額料金を比較

サービス最安プラン20GB詳細
NUROモバイル
NUROモバイル
3GB:792円2,699円申込サイト
mineo
マイネオ
1GB:1,298円2,178円申込サイト
LINEMO
LINEMO(ラインモ)
3GB:990円2,728円申込サイト
ワイモバイル
ワイモバイル
4GB:2,365円4,015円申込サイト
QTモバイル
QTモバイル
2GB:1,100円2,200円申込サイト

みんそくより引用
※2024年3月12日時点

最安プランの月額料金が最も安いのは「NUROモバイル」でした。

NUROモバイルの3GBは「バリュープラス」と呼ばれるプランであり、NEOプランの時間帯を問わず高速でネットが使える専用帯域が利用できません。

そのため、通信速度よりも料金の安さを重視したい方に適しているでしょう。

20GBプランで最も月額料金が安いのは「mineo」ですが、「ワイモバイル」も光回線とのセット割引などを適用すれば同額で利用できます。

ワイモバイルでセット割引が使えずmineoの通信速度では物足りない方は、多少料金は上がりますが「LINEMO」もおすすめです。

ソフトバンク回線おすすめ格安SIMを速度で比較

速度・スピード

次に、今回紹介した格安SIM5社の平均下り速度を比較しました。

ソフトバンク回線おすすめ格安SIMの速度を比較

格安SIM下り平均速度測定件数詳細
ワイモバイル
ワイモバイル
87.51Mbps15,933件申込サイト
LINEMO
LINEMO(ラインモ)
63.86Mbps5,235件申込サイト
mineo
マイネオ
48.79Mbps17,447件申込サイト
NUROモバイル
NUROモバイル
60.3Mbps5,815件申込サイト
QTモバイル
QTモバイル
47.36Mbps419件申込サイト

みんそくより引用
※2024年3月12日時点

平均下り速度が最も速いのは「ワイモバイル」、次点は「LINEMO」という結果になりました。

4Kなど高画質の動画を観るときに必要な通信速度は25Mbps程度なので、格安SIMを選ぶときは平均速度30Mbpsを目安にすることをおすすめします。

今回紹介している格安SIMはすべて30Mbps以上のため、SNS閲覧や動画視聴程度であれば問題なく快適に使えるでしょう。

一方で、大容量の通信をする際は100Mbps程度必要となる場合もあるので、自分の用途に合った格安SIMを選ぶことが大切です。

スマホでオンラインゲームをしたい・動画を配信したいなど通信速度の速さを重視する方は、ワイモバイルでの契約を検討しましょう。

▲目次に戻る

ソフトバンク回線おすすめ格安SIMランキング5選まとめ

インターネット工事

この記事では、ソフトバンク回線が使えるおすすめの格安SIMをランキング形式で紹介しました。

ソフトバンク回線おすすめ格安SIMランキング5選まとめ
  • 通信速度の速さやセット割引を重視するなら「ワイモバイル
  • 低速使い放題など自分のニーズに合ったプランを求めるなら「mineo
  • LINEデータフリーや通信速度の速さを重視するなら「LINEMO
  • 高速通信でデータ容量をたくさん使いたい方は「NUROモバイル
  • 九州電力・BBIQユーザーは「QTモバイル」がお得
  • SNS閲覧や動画視聴程度であればどの格安SIMを選んでも問題なし
  • ソフトバンク回線のみ使えないサービスもあるので事前確認が必要

通信速度の速さや安定性を求めるなら、「ワイモバイル」や「LINEMO」を選びましょう。

ワイモバイルの通常の月額料金は他社より割高ですが、光回線や家族複数回線とのセット利用で割引が適用可能です。

料金の安さや、自分のニーズに細かく合わせられるプラン・サービスを求めるなら「mineo」がおすすめ。

ソフトバンク回線に対応している格安SIMは独自のサービスを扱っていることが多く、それぞれ独特の強みがあります

一方で、ソフトバンク回線のみeSIMが使えないなど対象外のサービスもあるので、事前確認を忘れずにしましょう。

通信速度や料金・データ容量など、自分の用途に合った格安SIMを選んでくださいね。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
日々インターネット回線の情報をまとめている編集部が、皆さんへベストアンサーを提案していきます。情報が多くて難しい回線の説明ですが、猫を愛でることで誰にでも分かりやすくて読みやすい記事を作成しています。